c0062685_13375175.jpg



子供って・・・ちいさな空間をお家に見立てるのが好きですね。
段ボールとかに入ったり・・・。

椅子とソファーに毛布をかけてテントみたいにしてもぐって「見て〜!ボクのおうち!」ってやっています。


c0062685_13441657.jpgc0062685_13422024.jpg

c0062685_13375957.jpgc0062685_13445720.jpg



裸のままでふとんにくるまるのも好きね。
気持ちいいんだよね。



c0062685_13355051.jpgc0062685_13503038.jpg

c0062685_13354377.jpgc0062685_13363277.jpg



男の子。
可愛いのは5才までとかいうけどほんとかな。
5才までに親孝行は終わるとか・・・


さみしいな。もう今日で6才だ。
お誕生日おめでとう





c0062685_1333308.jpg




ずっとこのままでいいのにな
[PR]
# by tougei-mutsuki | 2013-09-21 23:30 | 暮らしのこと
9月2回目の窯。酸化焼成です。
生徒さんの作品は今回あまり入っていませんでした。

さーアップしまーす。




左:Y下さんの中皿。
ろくろで成形しました。ずっとろくろを頑張ってきたY下さん。さりげなくいい作品が最近たくさん作れるようになってきました。今回は前回の黒&飴釉の皿の白バージョン。ラインはルリ釉をイッチンでスーッと垂らして・・・さわやかできっぱりしたデザインですね。

右:T本さんの楕円鉢。
カレーとかにいい感じの深めの楕円鉢です。
タタラで成形。中と外の釉薬を掛け分けしました。
掛け分けは行程が多くちょっと面倒なんですけど、がんばりました。

c0062685_17445979.jpgc0062685_17451068.jpg



M谷さんの中皿。
タタラ作りです。
リム付きのお皿が手軽に作れるとあって、この石膏型は今睦月で大変人気のある型です。
丁寧に作るとまるでろくろで作ったみたいなリム皿ができます。

白い釉薬に鉄で縁取りして・・・。生地が赤土なのでグレイッシュでちょっとクールな白がホーローみたいな感じです。収納性もいいし使い勝手もよさそうですね。

c0062685_17451648.jpgc0062685_17451928.jpg




K子さんの作品
扇形と月形の鉢。ユーモラスな石膏型を使ってタタラで成形。
呉須で染め付けしてわら白釉。染め付けがオリジナルで感じいいですね。
細い線を丁寧に描きました。どこにもないオリジナル。自分で作る醍醐味です。

c0062685_17453055.jpgc0062685_17455198.jpg




左:T本さんの白いまな板皿とO山さんの黒いまな板皿。
これも今睦月で流行中です。
大量の土を練ることが大変だし、しっぴき(切り糸)でスライスするのは大変ですが、それだけやったらあとは型紙で切るだけなので簡単です。
シンプルな形ゆえに何を盛りつけても盛り映えがするのがこれの良いとこです。
葉っぱを敷いてチーズや揚げ物とか。お刺身なんかもいいかも。パンでもいい。便利な皿です!

右:F田さんの作品。
ろくろを頑張っています。ずっとゆのみをマジメに取り組んでいて、最近しのぎカップにはまっていましたが、こんな中鉢もできました。釉薬は深いブルーグリーンの釉薬。浅めの小丼くらいの大きさでスープでもご飯ものでも!といういいサイズです。

c0062685_17455848.jpgc0062685_17466100.jpg





M北さんのお抹茶碗。
手びねりで成形、トルコブルーの釉薬をかけました。
いつも気軽にお抹茶を楽しむというM北さん。カジュアルな雰囲気の素敵な器ができました。

c0062685_17463134.jpg



次回の窯は10月に入ってから・・・!。
[PR]
# by tougei-mutsuki | 2013-09-19 19:21 | 睦月の工房風景
ピザ食べたーい!と息子が言うので、初めて作ってみました。
息子が望めば何でも作る!ような優しい母では決してないんですけど、私も食べたくなったので(笑)

うちのオーブンはデロンギのなんですけど、付属のピザストーンをいままで10年以上使った事ありませんでした。ピザストーンというのは素焼きの板みたいなものです。

そうかあれを使ってみるのもいいかも・・・と気分もあがり。

レシピは堀井和子さんのレシピで・・・。


イースト発酵でぷあーん。
バジル買うのわすれた。
フレッシュバジルのかわりに乾燥バジルで。

c0062685_2201660.jpgc0062685_2202321.jpg



サラダは残りものまとめて全部刻んで、マリネしたもの。

押し麦をゆでて入れるのが好きです。ぷりぷりして美味しいです。今日はイカとサーモンも入っていつもよりちょっと豪華版。

c0062685_2205217.jpgc0062685_221819.jpg


ピザストーン。カリッとサクッと焼けてよかったです。
何よりずーっと温かいまま食べられること。そこが最高でした。

でも作るときはオーブンシートのようなものの上に粉を撒いて伸ばしてつくったほうがいいみたいです
余熱したストーンの上にシートごと運んでスルッと置けるので。そうしないと運ぶのに難儀します^^:
[PR]
# by tougei-mutsuki | 2013-09-14 22:54 | 暮らしのこと
c0062685_12305211.jpg



ずっと行きたかったSHOZO CAFE。
子供連れだけど大丈夫かな?かなりおとなしくない子供だけど・・・

入り口に静かな子供はOK的な張り紙がありました。
とりあえず入店はできる。


c0062685_12314128.jpgc0062685_12324348.jpg


有名店だけあって平日というのに混んでいました。
子供連れだから外のテラスがいいなと思っていたけど、いっぱいでした。

珈琲とチーズケーキ。美味しかったです。
息子がチーズケーキをいたく気に入ってなんとおかわり!


c0062685_12352529.jpgc0062685_12411436.jpg


静かな子供さん以外は退席!っていつ言われるかちょっとドキドキでしたが(いつもそう)
とりあえずつかの間くつろぎました。





車を走らせ馬頭まで・・・
建築家 隈研吾さんの馬頭広重美術館へ。

NHKで隈さんと林真理子さんの対談を見て、隈さんの世界を飛び回る活躍に感心してしまいました。
そこでせっかくだからと足を延ばしましてみました。

馬頭までは結構長い道のりでした。
ついた頃にはもう夕方になっていました。

c0062685_12543634.jpg



美術館の展示もとても興味深いものでした。江戸の風俗の浮世絵。
じっくり見たかったのですが、なにしろこちとらおとなしくない子供連れ。

もう出たい〜!外行きたい〜!はやく行こう〜!とうるさいのでさーーっと見て終了。


c0062685_12555464.jpgc0062685_1255772.jpg


c0062685_1254574.jpgc0062685_1255065.jpg



少しもじっとしてられない男の子。
実に健全なんですけどね。高齢母はヘトヘトです^^:


c0062685_12553262.jpg


[PR]
# by tougei-mutsuki | 2013-09-11 12:35 | 暮らしのこと
6月のある日
那須サファリパークに行きました。
つい先日動物園に行ったばかりなのにまた???

いや〜動物が好きで好きでねえ・・・

というわけでもなく。たまたまです^^:


c0062685_1144371.jpg




季節のいいうちにどっか行こう。じゃあ・・・那須?ってことで来ました。

子供向けの施設は・・・那須ハイランドパークと迷ったすえサファリパークにしました。
でもね・・・高いです時間の割に。
かる〜く1万円越えです。



肝心の動物さんたちは・・・キリンとダチョウ・・ヌーと・・・あとはシカばっかり。
そう。シカ、シカ、シカ・・・シカばっかりでした。シカ王国。
よほど環境が合うと見えシカがものすごく増えてるのかな。それにしても・・・です。


ライオンやトラは・・・とおくからチラッと見えたかな。
でも寝てたな・・・

c0062685_1145647.jpgc0062685_11452797.jpg
c0062685_11455292.jpg
c0062685_11454128.jpg


餌1000円もすぐなくなり・・・。

まあ子供が「きりんさんになめられた!」と興奮してましたのでよしとします。




気をとりなおして食事。
行きたかった店がなんとお休みでした。


でも行き当たりばったりで入ったお店。お蕎麦屋さんでしたが良かったです。
お店の佇まいも素敵だし器もいい感じ。お味もよかったです。

c0062685_13193992.jpg



c0062685_11534467.jpgc0062685_11542075.jpgc0062685_13192172.jpg
c0062685_11535778.jpg


c0062685_1322116.jpg




これで気分もなおりました。次はせっかくだからSHOZO CAFE行こう。
[PR]
# by tougei-mutsuki | 2013-09-09 12:13 | 暮らしのこと
実にめずらしく連投してます。どんだけ続くか。


先日焼いた窯の生徒さんの作品です。酸化焼成。




まず可愛かったのがO作ちゃんのコースター。
ミナペルホネンのイラストをうつしたいけどどうやったら・・・・?と悩んでいたO作ちゃん。

チョウチョの型を紙で切り取りそれをステンシルのようにして、周りに鉄をスポンジでポンポンする事をすすめました。そのほうが描くより楽だし!
なかなかいい感じになったと思うけどO作ちゃんどうかな??(本人まだ見てません)



c0062685_17225665.jpg


でも・・大勢のホンカンに見られてる感じがするのは私だけですか?(笑)
もちろん拳銃うちまくりのね。^^


c0062685_17232291.jpgc0062685_17231291.jpg




O滝さんのティーカップ。
外はブルーグリーンの釉薬でなかはうのふ釉

白い生地なのでブルーグリーンが綺麗に発色しています。
形は丸い型でつくって取っ手をつけています。
取っ手の付け方を上のほうにして、スタッキングが素直にできるように工夫しています。
ちょっとしたことで、収納性がよくなりますね。


c0062685_17212773.jpgc0062685_17213094.jpg





Y成さんのスープボール。
アイボリーの生地にカラフルな絵付けをして透明釉。

かわいらしい絵付けです。どことなくユーモラスで・・・

前回の窯で釉がちぢれて素地が見えてしまっていたところに、釉薬を吹き付ける方法で掛け直し、焼き直しました。うまくかくれました。

一度焼いた器に釉薬をかけなおして焼く事は可能です。でもその場合本焼きした器は素焼きと違って吸水性がないので釉薬がきれいにのりません。そのため器を天日に干してあたためて掛けるか、あるいは電子レンジであたためるかしてから掛けると定着しやすいです。(釉薬がダラダラながれない)

この日は外に干すにもお日様もなかったので、霧状に釉薬を吹いてゆっくり重ねていきました。
吹き続けてクラクラしながら(笑)

ほんの少しの釉薬のちぢれくらいだったら釉薬は筆ぬりでも大丈夫です。

c0062685_17212100.jpgc0062685_17211493.jpg





左:O山さんのチタン釉の長皿。
わざと真ん中を掛け残すようにしてアクセントにしています。

白い素地を鉄などで汚してから白い釉薬をかけているので、残した部分が映えていますね。
すっきりとシンプルなデザインです。

右:N川さんのゆのみ
いつも可愛い絵付けを見せてくれる彼女。今回はシンプルに釉薬だけです。
トルコチタンという釉薬です。涼しげですね。

c0062685_17201897.jpgc0062685_17202851.jpg



O川さんの楕円皿
このお皿も前回の窯で釉薬がうすくてザラザラに焼けてしまい、釉薬を何度も吹き付けて掛け重ねて(クラクラしながら)から焼き直しました。

トルコブルーの釉薬なのですが、施釉時にかき回しが足りないと下に沈殿して上の薄い水に引き上げる際に洗われてしまい、釉薬がぜんぜんのっていない!ってことになることがあります。

皆さん施釉の時にはよーーくかきまぜてね!

c0062685_17222245.jpg

[PR]
# by tougei-mutsuki | 2013-09-06 22:49 | 睦月の工房風景
伊勢丹の1000 WAN marcheに出品する碗。こんな感じでーす。

これから梱包して出します!

よかったら見にいらしてくださいね!100人の1000個の碗が並びます。

9月11日より 新宿伊勢丹5Fにて・・・・


c0062685_1721969.jpg

c0062685_1722490.jpg

c0062685_1722740.jpg

c0062685_1723668.jpg

c0062685_1724344.jpg


c0062685_1734454.jpg

c0062685_1734988.jpg

c0062685_179176.jpg
c0062685_1782524.jpg
c0062685_17135622.jpg

[PR]
# by tougei-mutsuki | 2013-09-05 17:30 | 作品のこと
c0062685_17314219.jpg
c0062685_15195281.jpg


                画像はHPよりお借りしました



2013年春に華々しくグランドオープンした新宿伊勢丹。
森田泰道氏の斬新なデザインで生まれ変わった各フロアはそれはそれは華やかで、ワクワクしてしまいました。

5階のリビングフロアも素敵に生まれ変わっていました。乙女っぽい雑貨もたくさんで楽しい!

そのグランドオープンの際に行われた「1000 MAG marche」 に出品させていただきましたが、
大変盛況だったらしく、秋に行われる「1000 WAN marche 」の参加のお話もいただきました。
光栄です。

新宿伊勢丹5Fで 9月11日より24日までです。 詳しくはこちら→★


webには出品作品がずらーっと並んでいますが、わたしは・・・明日納品しまーす!(おそ)
[PR]
# by tougei-mutsuki | 2013-09-04 17:48 | 作品のこと
涼しくなったのはつかの間でした。
やはりまだまだ残暑はきびしいようです・・・。


こう暑いと出かける気にもならず、日曜日ももっぱらベランダプールでお茶を濁し夕方からやっと公園へ繰り出すというパターンを繰り返していますが、6月には結構あちこち行っていました。


うちから上野にはバスが便利で、気軽に行けるので子供がベビーカーの頃からよく行っていました。
たまには動物園にでも行くか〜・・と思い立ちこの日も昼過ぎからゆるゆると出かけました。
日曜日は夫が休みではないのでいつも息子と2人行動。この日も2人です。



象さんと、パンダのシンシンちゃん。
シンシンの妊娠報道が出て、この日を最後に表には出なくなるという日で、パンダファンがたくさんいました。
でもこの後妊娠は偽だったというのがわかったとか・・・?
フェイントで赤ちゃんパンダのイラストとか刷っちゃった会社とか大変ですね。お気の毒。

c0062685_9514089.jpgc0062685_951255.jpg




すごく久しぶりに上野動物園に来たのでびっくりしたのは展示方法が変わっていたこと。
有名な旭山動物園の行動展示に影響を受けてるのでしょうか、なかなか面白い展示が増えていました。

シロクマの展示も凝っていて上からのアングルや水中へのダイブが見られたり、なかなか迫力でした。
水中で遊ぶシロクマをずっと見ていたくて子供に「次行こうよ〜」と急かされる始末。

c0062685_952514.jpgc0062685_95340100.jpg

c0062685_9535858.jpgc0062685_9543123.jpg




アザラシさんも見応えありました。
やはり上からも水中からも見られる展示になっていて、旭山動物園のように細い透明な管の中をくぐり抜けるのを見られる展示もありました。

アザラシ達の俊敏でなめらかな水中の動きを見てると楽しくて、またぼんやり見続けてしまい。息子は「次行こ〜〜」

c0062685_9545816.jpgc0062685_956626.jpg
c0062685_9581224.jpgc0062685_957031.jpg



フラミンゴやハシビロコウ。
ハシビロコウには息子ははまった様子。
c0062685_9582958.jpgc0062685_959320.jpg


結構たのしかったのはは虫類館。写真は撮りませんでしたが。
でっかいワニに見とれてまた動けなくなったわたし。



行こうと思い立ってから出発したのがお昼過ぎていたので、展示によっては見られないものもありました。ゴリラなんかは2時までとか。ライオンやトラも見られずほんとならガッカリなところですが、
シロクマとアザラシで結構満足できました。




不忍池に浮かぶボートをみたら「乗りた〜〜い!」と息子。
まあいいか〜と乗り込む。

30分で600円とお安いです。
前に山中湖でスワンボートをせがまれ、その値段に驚いてやめたことがあります。だって30分で3000円くらいだったかな?いくら観光地でも高すぎよそれ。

c0062685_9591545.jpgc0062685_9592224.jpg


ボート30分600円で十分楽しめました。
[PR]
# by tougei-mutsuki | 2013-09-03 10:55 | 暮らしのこと
7月のある日素敵なマダムのおうちへお呼ばれしました。

おしゃれで可愛くて好奇心旺盛で、行動力があって美味しいもの大〜好きなjeudiさん、こんな風に素敵な女性になりたいな〜と私の憧れの女性です。


カンパーニュにクリームチーズとサーモン。大きめのケッパーとディルがすごいいいアクセントでした。
c0062685_1872140.jpg




甘いトマトはブルスケッタに・・・。チーズとアーモンド

c0062685_1711471.jpgc0062685_1711782.jpg




白身魚のカルパッチョ、冷たいトマトのスープとポタージは綺麗な層になって。

c0062685_17181842.jpg c0062685_17175091.jpg



器使いもおしゃれです。パリのテーブルのよう!
チーズののった板皿は教室で作られた陶器です。こんな風にのせるとおしゃれですね〜



c0062685_17275687.jpg




甘くて美味しいメロンの上には生ハムを。
サラダはニース風。アンチョビが効いて美味しかった!

c0062685_17111147.jpgc0062685_17151240.jpg




賑やかにおしゃべりに花を咲かせていた合間にキッチンから香ばしい香りが・・・。
熱々のポークソテーにはレモンとサラダがたっぷり添えられていました。

デザートも美しく盛られたお手製!マリネしたフルーツとアイスクリーム。美味しかった〜
完璧なテーブルでした!

c0062685_17151742.jpgc0062685_17221914.jpg


おしゃべりが楽しすぎて帰る時間を忘れていたほど。すっかりくつろいでしまいました。
jeudiさん素敵な時間をありがとうございました。
[PR]
# by tougei-mutsuki | 2013-09-02 19:07 | 暮らしのこと
c0062685_10145781.jpg

                 写真はつむぎさんよりお借りしました

つむぎさんに納品しました。

仙台の素敵なお店「つむぎ」さん。

店主の藤原さんのお人柄がにじみ出るナチュラルでおしゃれなお店です。

お近くにお住まいの方はぜひいらしてみてくださいね!
[PR]
久しぶりの更新になってしまいました・・・(恥)
暑い夏でしたね。(まだ終わってないけど)

8月26日今日はすこし涼しい風がふいています。空もうろこ雲・・・
すこしずつ秋がちかづいているようです。



8月の暑い盛りに焚いた酸化の窯。ようやくアップでーす。



Y下さんの黒釉のお皿
ろくろを頑張ってきたY下さん。湯のみから始まって小皿まで来ました。トンボという寸法を測る道具も使って揃いのお皿ができました。綺麗に揃っています!

黒い釉薬の上にイッチン(スポイトの親分)で、ちょろりとたらした飴釉がいい感じにアクセント。
シンプルで上品なデザインですね〜〜〜!

c0062685_1105897.jpgc0062685_1111256.jpg





生け花を習っていらっしゃるM北さんの掛け花。
前に作られたのは同じ形で白いものでした。今度は少しデザインを施して・・・
撥水材でストライプに釉を抜きました。細い本体に線をまっすぐ描くのは大変そうだったけど、いい感じになりましたね。

c0062685_1111976.jpgc0062685_1112353.jpg





左:Y子さんの作品。お魚用の板皿です。緑釉といらぼ釉を掛け分けしました。少し斜めに掛け分けたところがポイントですね。さりげなくて食卓になじみそうですね。

右:O川さんの楕円皿。リムのだえん皿はもともと私のオリジナルの作品で型も型紙もあるので、生徒の皆さんにも人気があって同じものをみなさんたくさん作っています。
そこにO川さんは模様を施して彼女のオリジナルにしました。テキスタイルのデザインをしている彼女はデザインに躊躇がないというか大胆です。そこがとてもいいなと思います。
白い部分はマスキングテープで釉を抜いています。

c0062685_111409.jpgc0062685_111543.jpg






絵付けのとっても上手なY成さん。
かわいい湯のみが出来上がりました。成形はたたらを型に巻き付ける方式で作っています。
ちょっと北欧テイストも感じるガーリーな絵付け。かわいいです。
いつもおうちに持って帰って描いてきます。ろくろも頑張ってる彼女。楽しみです!

c0062685_1123488.jpgc0062685_112399.jpg





左:Mさんのマグカップたち。
ろくろで成形、奥はしのぎを入れていらぼ釉とうのふ釉で掛け分け。手前は絵付けをして透明釉。
手持ちの色化粧土を使ってかかれたので「思ったより色がきついわ!」っておっしゃってたMさん。
でもユーモラスな鳥の絵などとてもいい感じですよ!

右:奥がM北さん手前がO山さんの作品。
お二人とも同じ手法です。一度カオリンマット釉をかけた上に黒い釉薬をかけています。茶色に出た部分がとても素敵です。

c0062685_1152211.jpgc0062685_1155220.jpg





K林さんのマグカップたち。しのぎをいれたいと思ってろくろをひいたのにちょっと薄かったのでどうしよう・・・と言っていたので、下の部分だけ入れてみたら?とアドバイスしました。
とっても素敵にできましたね!最初から狙っていたかのよう(笑)

右のミルクピッチャーもK林さんのです。
外側はトルコブルーで内側はうのふ。ちょっとユーモラスな感じのピッチャー。とっても可愛い!

c0062685_1161053.jpgc0062685_116287.jpg




左:Y子さんの小鉢。タタラで成形した鉢にさりげなく絵付けをしました。ひかえめで涼しげ。絵付けをするのはある意味勇気がいりますが、やってみると楽しいしオリジナリティがでて、とてもいいと思います。

右:K林さんのしのぎの中鉢。ろくろで成形してしのぎをいれています。このしのぎも細めでラフな感じですごくプロっぽい!ブルーグリーンの釉薬がとても似合っています。

c0062685_1165371.jpgc0062685_1153898.jpg



今回も皆さん良い作品ができてよかったーー!

次回もまた酸化です。9月頭に焚きまーす。
[PR]
# by tougei-mutsuki | 2013-08-26 11:12 | 睦月の工房風景
7月の末のある日
生徒さんのマダムたちに誘っていただき信州は松本へ日帰り旅して来ました。

憧れの松本の町をそぞろ歩きます。

みんなで工芸品をあれこれ品定め。
私はちいさな箒と紙製のちりとり、竹製のヘラを買いました。




そしてお昼になり本日のメインイベント「温石」でごはんです。
タクシーで近くに降ろしてもらったはずが、なかなか入り口がわかりません。

それもそのはず、とってもひかえめな佇まい・・・。
気づかず通りすぎてしまいそうな雰囲気な建物でした。

でもよく見るとちゃんと看板が。真夏の日差しで全く気がつかないくらいひかえめでした。

c0062685_1181822.jpgc0062685_1191847.jpg





細い小道をいくと、確かにお店の入り口らしき暖簾がゆれています。

c0062685_1185673.jpgc0062685_1193457.jpg




中は簡素ながら清潔で静謐な雰囲気・・・。
女将さんもひかえめな雰囲気の美しい方でした。

c0062685_1195064.jpg





古い家屋をペンキで塗った白い空間。
華美な装飾は一切ないですが、所どころに可愛らしい照明器具などがあり和みます。

c0062685_11104268.jpgc0062685_1110266.jpg





お店の名前の象徴でしょうかまあるい石が飾られていました。

c0062685_11184376.jpg




どんなお料理が出てくるのかな?
わくわく感がつのります。
[PR]
# by tougei-mutsuki | 2013-07-11 16:13 | 暮らしのこと
c0062685_1558373.jpg


トマトが美味しくなってきました。

うまみの強い熟したトマトがあったら作るこんなジュース。
以前NHKの朝イチかなぁ、テレビでやってました。

トマトを丸ごとおろし金でおろして塩少々とオリーブオイルをいれるだけ・・・

おろし金でおろすのがポイントです。果肉がのこるかんじ。
ミキサーでガーってやると空気がはいりすぎてなんか違うんです。

暑い夏の朝にはいいですよ!


jeudiさんのようにていねいに漉して口当たりよくするとおもてなしにもいいですね!
[PR]
# by tougei-mutsuki | 2013-06-27 09:27 | 暮らしのこと
c0062685_11443066.jpg


前の記事でのせたバッグを掛けてあるコートハンガー(?)というのかな、壁付けの4連フック。

これ、夫が作ったものなんですよ☆
お気に入りです。だってデザインは私(笑)というか原案は私。

ホームセンターで売っていた木製のフックを無垢の板に穴をあけて捻じ込んで塗装してもらいました。
何気なくてシェーカー風にシンプルで気に入っています。

c0062685_1147972.jpg


下のベンチもです☆
こちらは制作&デザインすべて夫です。
丁寧な仕事です。塗装も一度塗ってはサンドペーパーでやすり、また塗装し・・すべすべです。

木材は縁あって入手した元々はオランダの電車の床材だったという木でして、この木のもつ風合いもハンドメイド感を薄めているのかもしれません。

下には私のブーツがずらーーっと・・・(笑)
靴箱が小さくて入れられないんですよー。だからベンチで隠したかったのです。

c0062685_11465128.jpg


反対側はその小さな靴箱。
マンションをリノベーションしたのですが、そのとき玄関の隣の部屋の窓からの明かりを玄関にわけてもらうために一部壁を部屋に入り込ませて玄関窓をもうけました。

これはとても良い方法でした。自然光があるのとないのとでは全然気分がちがいます。
この小窓の奥は隣の部屋のアルミサッシュです。

靴箱の扉は・・・結局10年つけないまま・・・。(笑)


c0062685_11521878.jpg



このブログの最初のほうはまだ工事しながら住んでいました。
そんな時期が3年近く続いたかな・・。

なかなか靴箱の扉まで手がまわらず、とりあえずの帆布の目隠しがそのままで10年。
風通しはいいのでまあこれもありかな・・・。
[PR]
# by tougei-mutsuki | 2013-06-25 23:40 | 暮らしのこと
c0062685_10542379.jpg


黄色い鳥器店のちえさんから宅急便。

まえにこちらで買って愛用していたバッグを掛けて店に遊びに行ったときに、制作者の相原暦さんがそれを見て「マグネットのボタンつけてあげましょうか?」と言ってくださって、預けてつけてもらったのになかなか引き取りに行かれず・・・とうとう宅急便で送ってくれたのでした。



c0062685_10544970.jpg


件のバッグとはこれ・・。
画家の加藤ゆめこさんが絵を描きそれを相原暦さんがプリントしバッグに仕立てたものです。

絵も素敵ですけど、バッグも丁寧な作りで中の生地の使い方も上手・・・。

マグネット式のパッチンをつけてくれてとっても便利になりました。
やっぱり中に入れたものが見えないほうがスマートですしね。



c0062685_10545364.jpg


一番上の画像はバッグと一緒に送ってくれたクッキー。
これは相原暦さんと妹さんの結さんが作られたクッキーだそうです。

なんて可愛いの!暦さんと結さんについてはこちら


c0062685_1057312.jpg


「え!!かわいい!なにこれ?クッキー?たべる!!」
惜しげもなくバクバクと・・・

c0062685_1058181.jpg


「ちょーーーーうまい!」

c0062685_105827100.jpg


とのことでした〜。ちえちゃん暦さんありがとう!
[PR]
# by tougei-mutsuki | 2013-06-24 11:42 | 暮らしのこと
c0062685_10473715.jpg


ムシムシと暑くなってきました。

なんだか湿度のせいかカラダが重くて・・・

朝いつものように「保育園だよー、起きなさーい!」と息子を起こしてもなかなか起きない。

子供もつかれてるのかな?

「きょうは保育園おやすみしたいー・・・だってくちびる切れちゃったし・・ねーおねがい」
なんだそれ?って理由ですけど、やすみたいのね。
(くちびるはちょこっと皮がむけて血がにじんだだけ)

まあたまにはいいかと休んでしまった月曜日。
私は土曜日仕事なのでいつも水曜日にかわりに休みをとるので、そのかわりにしよう。


プラムがすっぱかったのでコンポートにしてみました。
ソースがきれい


c0062685_10481883.jpg


炭酸水で割ってみた。

サンペレは先日楽天で大量購入☆
1本65円くらい。
[PR]
# by tougei-mutsuki | 2013-06-18 11:03 | 暮らしのこと
c0062685_115313.jpg


紫陽花の季節・・・雨のきせつ・・・
なぜかこの季節にいつも保育園の遠足があります。なんでだろー


遠足のお弁当は人生二度目のキャラ弁で☆

保育園は幼稚園とちがってお弁当ではなく給食なので働く母はとっても助かってます。
だからたまのお弁当は張り切る!

で、ピカチュウですが・・・

c0062685_115484.jpg


なんかどうかな?初めてのキャラ弁ドラえもんの時も???な感じだったけど
またやっちゃったかな。本物と比べるとだいぶしもぶくれみたいです。あはは

ピカチュウの黄色をだすのにはのりたまのフリカケを茶こしで漉すという技で・・・。



でも結局雨ふりで、遠足は中止ーーー。保育園のホールでお弁当ひろげたそうです。
[PR]
# by tougei-mutsuki | 2013-06-18 10:04 | 暮らしのこと
酸化焼成の窯の生徒さんの作品をアップします。
今回は装飾を施した作品を中心にアップしますね。


真ん中だけ釉薬をかけ残して細くラインにした板皿。O山さんの作品。
フラットな板皿がクールでいい感じです。
細くて小さいのはカトラリーレスト。こちらも使いやすそう!

c0062685_20553572.jpg




左:スープ皿になりそうな器と花小鉢。たたら作りで・・M山さんの作品。
器の中と外を色を変える、掛け分けの技法です。濃い色の釉薬も内側を白くすればさわやかになります。

右:T中さんの作品。
たたら作りの丸皿を真ん中で釉薬を掛け分けました。
丸いお皿などの場合釉薬をかける段階で「装飾をどうしよう・・・」と悩む事があります。絵付けをするのはちょっと・・というときに掛け分けは便利な方法です。

c0062685_20555061.jpgc0062685_2056335.jpg


左:Y成さんの蓋もの作品。
手びねりです。蓋に下絵の具で点描を。
なんだかとっても可愛いですよね。可愛い包み紙のキャンディーか何か入っていそう!乙女な感じです。

右:Mさんの作品。
いつもいろんな技法に挑戦しているMさん。今回は蓋ものでバターケースだそうです。蓋には撥水材で素地を白く残してブルーの釉薬を掛けています。


c0062685_205626100.jpgc0062685_20571078.jpg


左:板状にした粘土を筒に巻き付けて作ったマグに、一回り小さい茶こしをセットに・・・。
N田さんのお茶セットです。こんな風に自分流というか自分の欲しいものを考えて作ることが、手作りの醍醐味だなと思います。

右:同じくN田さんの作品でこれは貯金箱です。貯金箱が欲しい・・・という所から始まって、新聞を丸めて外側に粘土を巻き付けていって・・そのうちたまたまフクロウになりました(笑)
縁起もいいしお金がたまるといいですね〜〜



c0062685_2057031.jpgc0062685_20573910.jpg


左:またまたN田さんの作品で花器です。
手捻りでつくって削ってからうすい粘土を貼って花模様に・・
これまた乙女な感じですが、N田さんは男性でーす(笑)

右:S石さんの飯茶碗。
ふんわりした可愛い形です。釉薬をただ掛けるだけでなく撥水剤で細くラインを描き素地を見せました。それだけでシンプルなのにちょっと可愛くなりましたね。



c0062685_20573354.jpgc0062685_20575331.jpg




ここからはi-phoneでの撮影になります。ちょっと奥行き感がないですね


左:同じように撥水剤で釉抜きしたO川さんの作品。
テキスタイルのデザインのお仕事をしている彼女だけに、模様に対して躊躇がなくささっと描いていました。初めての作品とは思えない出来ですね〜

右:O作ちゃんのちいさなカップ。模様はイッチンというスポイトのようなもので泥状にした粘土をしぼりだして描いています。白い生地に白い模様で白い釉薬を・・・
小花模様がガーリーですね〜



c0062685_2101358.jpgc0062685_20594744.jpg


左:同じくO川さんの作品でカップアンドソーサー。
2回目の作品なのにこのクオリティーはご本人も大喜びでした!カップは手びねりで、ソーサーは板にした粘土を型に当てて成形。華奢な取っ手が繊細な印象で素敵です。カップとソーサーの縁には弁柄というした絵の具を巻きアクセントに。それだけでおしゃれ度があがります。

右:O作ちゃんの可愛いちいさな家
お家は屋根だけ釉薬をかけてあとは焼き〆。全部かけなくて成功ですね。素朴な感じになりました。
木はトルコブルーを掛けていますがうすがけなのか渋くて感じでいいですね。
食器ばかりでなくこういう小物も楽しいです。



c0062685_20584645.jpgc0062685_210444.jpg



次は今月末にまた酸化焼成の予定です。
[PR]
# by tougei-mutsuki | 2013-06-12 22:30 | 睦月の工房風景
「みんなの市」会場は東川口のカフェ、senkiyaさんでした。

車でない場合はJR武蔵野線 東川口からバスで10分と、決して便がいいとはいえないですが、もはや有名なカフェなのですね人がたくさん押し寄せていました。



c0062685_11161459.jpgc0062685_11161876.jpg


c0062685_11162134.jpgc0062685_11162575.jpg


c0062685_11164490.jpgc0062685_11164722.jpg


本のコーナーや雑貨のコーナーも

c0062685_1116307.jpgc0062685_11164119.jpg


カフェの様子

c0062685_11163559.jpgc0062685_11163359.jpg


c0062685_11174886.jpgc0062685_1123740.jpg


2階は写真展が行われていました。踊り場の大きな写真が・・写真家の方です。
senkiyaの4周年の歴史の写真が天井から吊るされていました。

c0062685_11233459.jpgc0062685_11185851.jpg


広くてのんびりした雰囲気のカフェです。
今回はいただけませんでしたが、珈琲もとても美味しかったですよ。

senkiyaのhpはこちら
[PR]