c0062685_115313.jpg


紫陽花の季節・・・雨のきせつ・・・
なぜかこの季節にいつも保育園の遠足があります。なんでだろー


遠足のお弁当は人生二度目のキャラ弁で☆

保育園は幼稚園とちがってお弁当ではなく給食なので働く母はとっても助かってます。
だからたまのお弁当は張り切る!

で、ピカチュウですが・・・

c0062685_115484.jpg


なんかどうかな?初めてのキャラ弁ドラえもんの時も???な感じだったけど
またやっちゃったかな。本物と比べるとだいぶしもぶくれみたいです。あはは

ピカチュウの黄色をだすのにはのりたまのフリカケを茶こしで漉すという技で・・・。



でも結局雨ふりで、遠足は中止ーーー。保育園のホールでお弁当ひろげたそうです。
[PR]
# by tougei-mutsuki | 2013-06-18 10:04 | 暮らしのこと
酸化焼成の窯の生徒さんの作品をアップします。
今回は装飾を施した作品を中心にアップしますね。


真ん中だけ釉薬をかけ残して細くラインにした板皿。O山さんの作品。
フラットな板皿がクールでいい感じです。
細くて小さいのはカトラリーレスト。こちらも使いやすそう!

c0062685_20553572.jpg




左:スープ皿になりそうな器と花小鉢。たたら作りで・・M山さんの作品。
器の中と外を色を変える、掛け分けの技法です。濃い色の釉薬も内側を白くすればさわやかになります。

右:T中さんの作品。
たたら作りの丸皿を真ん中で釉薬を掛け分けました。
丸いお皿などの場合釉薬をかける段階で「装飾をどうしよう・・・」と悩む事があります。絵付けをするのはちょっと・・というときに掛け分けは便利な方法です。

c0062685_20555061.jpgc0062685_2056335.jpg


左:Y成さんの蓋もの作品。
手びねりです。蓋に下絵の具で点描を。
なんだかとっても可愛いですよね。可愛い包み紙のキャンディーか何か入っていそう!乙女な感じです。

右:Mさんの作品。
いつもいろんな技法に挑戦しているMさん。今回は蓋ものでバターケースだそうです。蓋には撥水材で素地を白く残してブルーの釉薬を掛けています。


c0062685_205626100.jpgc0062685_20571078.jpg


左:板状にした粘土を筒に巻き付けて作ったマグに、一回り小さい茶こしをセットに・・・。
N田さんのお茶セットです。こんな風に自分流というか自分の欲しいものを考えて作ることが、手作りの醍醐味だなと思います。

右:同じくN田さんの作品でこれは貯金箱です。貯金箱が欲しい・・・という所から始まって、新聞を丸めて外側に粘土を巻き付けていって・・そのうちたまたまフクロウになりました(笑)
縁起もいいしお金がたまるといいですね〜〜



c0062685_2057031.jpgc0062685_20573910.jpg


左:またまたN田さんの作品で花器です。
手捻りでつくって削ってからうすい粘土を貼って花模様に・・
これまた乙女な感じですが、N田さんは男性でーす(笑)

右:S石さんの飯茶碗。
ふんわりした可愛い形です。釉薬をただ掛けるだけでなく撥水剤で細くラインを描き素地を見せました。それだけでシンプルなのにちょっと可愛くなりましたね。



c0062685_20573354.jpgc0062685_20575331.jpg




ここからはi-phoneでの撮影になります。ちょっと奥行き感がないですね


左:同じように撥水剤で釉抜きしたO川さんの作品。
テキスタイルのデザインのお仕事をしている彼女だけに、模様に対して躊躇がなくささっと描いていました。初めての作品とは思えない出来ですね〜

右:O作ちゃんのちいさなカップ。模様はイッチンというスポイトのようなもので泥状にした粘土をしぼりだして描いています。白い生地に白い模様で白い釉薬を・・・
小花模様がガーリーですね〜



c0062685_2101358.jpgc0062685_20594744.jpg


左:同じくO川さんの作品でカップアンドソーサー。
2回目の作品なのにこのクオリティーはご本人も大喜びでした!カップは手びねりで、ソーサーは板にした粘土を型に当てて成形。華奢な取っ手が繊細な印象で素敵です。カップとソーサーの縁には弁柄というした絵の具を巻きアクセントに。それだけでおしゃれ度があがります。

右:O作ちゃんの可愛いちいさな家
お家は屋根だけ釉薬をかけてあとは焼き〆。全部かけなくて成功ですね。素朴な感じになりました。
木はトルコブルーを掛けていますがうすがけなのか渋くて感じでいいですね。
食器ばかりでなくこういう小物も楽しいです。



c0062685_20584645.jpgc0062685_210444.jpg



次は今月末にまた酸化焼成の予定です。
[PR]
# by tougei-mutsuki | 2013-06-12 22:30 | 睦月の工房風景
「みんなの市」会場は東川口のカフェ、senkiyaさんでした。

車でない場合はJR武蔵野線 東川口からバスで10分と、決して便がいいとはいえないですが、もはや有名なカフェなのですね人がたくさん押し寄せていました。



c0062685_11161459.jpgc0062685_11161876.jpg


c0062685_11162134.jpgc0062685_11162575.jpg


c0062685_11164490.jpgc0062685_11164722.jpg


本のコーナーや雑貨のコーナーも

c0062685_1116307.jpgc0062685_11164119.jpg


カフェの様子

c0062685_11163559.jpgc0062685_11163359.jpg


c0062685_11174886.jpgc0062685_1123740.jpg


2階は写真展が行われていました。踊り場の大きな写真が・・写真家の方です。
senkiyaの4周年の歴史の写真が天井から吊るされていました。

c0062685_11233459.jpgc0062685_11185851.jpg


広くてのんびりした雰囲気のカフェです。
今回はいただけませんでしたが、珈琲もとても美味しかったですよ。

senkiyaのhpはこちら
[PR]
c0062685_10554563.jpg



今回で6回目となる「みんなの市」
19日の日曜日お店番に行ってきました。

11時からの開店の前から長蛇の列でした。

お店のあくまでの静かなひととき写真を撮りました。
でも今日は2日目なので作品はすでに少なめになっています。


c0062685_10571378.jpgc0062685_10571635.jpg


c0062685_1057541.jpgc0062685_105728.jpg


c0062685_1056565.jpgc0062685_10565120.jpg


スコーンや焼き菓子、ベーグルなどもあっという間に完売しました。

c0062685_10572484.jpgc0062685_1056324.jpg


c0062685_10562974.jpgc0062685_1056266.jpg


お店が開いたら人がたくさん!

c0062685_10551457.jpgc0062685_10544230.jpg


みなさんありがとうございました!

会場のカフェ、senkiyaさんの様子は次回。
[PR]
長い事アップしていない間に桜の季節から新緑の5月へ。
もう新緑どころか初夏な雰囲気ですね。今日は28度まで上がるとか・・・。

4月のある日自転車で転びました。
前回りで一回転^^:

すごく急な下り坂をくだる途中、前かごが買い物で満載だったためハンドルにかけた手提げ(取っ手が長めの)が前輪に巻き込まれました。そしてそのままゆっくり一回転・・・。

息子が後ろに乗ってなくてよかったーーーーっ。

彼はひとり自転車でとっくに下りてました。
「ブレーキかけながら行きなさいよ!!」とか心配で叫びながら息子に気をとられて自分が一回転するなんて。ばか。

坂道を上ってきた人々がわーっと集まって来てくれて、手分けしていろいろ助けてくださいました。
散らばった買い物をまとめてくれるひと、飛んだ靴(サボ)を手渡してくれるひと・・・。
巻き込まれた手さげを車輪からはずすのを手伝ってくれるひと・・・。みなさまありがとうございました〜

地面に落ちたとき手をついて捻挫。しばらく右手が痛くて使えませんでした。
でも捻挫で済んでよかったーーー。折れるでしょ普通。
自転車は曲がってました。




さて。そんな一幕があった翌日、木曜日の工房の「お花見の宴」の写真です。
右手が痛くて準備もままならなかったけどベテラン主婦の皆さんの手際の良さで問題なし!

c0062685_1091775.jpgc0062685_1092775.jpg


和風ローストビーフ、巻き寿司、自家製天然酵母のパンマスカルポーネと蜂蜜添え、トマトのマリネ、ほうれん草の胡麻和え、キッシュ、蛸のマリネ、鶏肉のマリネトレビスのせ、マカロニサラダ、プチサイズのカプレーゼ・・・など

c0062685_1010161.jpgc0062685_10101655.jpg


お菓子の先生をなさっているOさんのお手製のケーキも美味しかったー!プロの味〜




こちらは土曜日の宴会の模様。
土曜日は30代独身の方が多いです。みんな仕事で忙しいのにがんばって手作りして来てくれました。
ワインやシャンパンサングリアや日本酒・・・アルコールも多し!

c0062685_10203934.jpg
c0062685_10241755.jpg



鶏ハムやお稲荷さんや、ピクルス、唐揚げに、鶏とネギとザーサイの和え物、フルーツサラダ、茄子の煮物、トマトとモッツァレラのカプレーゼ・・・

デザートには手作りのチーズケーキ、ショートブレッド、そして男性Nさんが難しい女子たちの為に考えて考えて買って来てくれたロールケーキ2種。女子たちも納得のチョイスでした。よかったねNさん(笑)

c0062685_10212763.jpgc0062685_10242967.jpg


金曜日のクラスは人数少なめで揃うのが難しいので宴会はやらず、教室が終わってから近くの美味しいカレー屋さんクマネコ印にご飯を食べに行きました!

年に1度の恒例の宴会・・・お花見。全然お花は見ませんがお花見って呼ぶこの宴。
とっても楽しいのです!
[PR]
# by tougei-mutsuki | 2013-05-21 10:44 | 睦月の工房風景
c0062685_1125766.jpg


c0062685_113435.jpg




今年も「みんなの市」に出店させていただきます。HPはこちら

みんなの市は東日本大震災のチャリティーのマーケットです。
陶器や革作品、木工、花、アクセサリーなどの作家達が出店します。

天然酵母のパンやベーグル、焼き菓子なども並びますので楽しいですよ!


わたくし加藤恵津子は19日(日)に店番いたします。お目にかかれること楽しみにしております!
ぜひのぞきにいらしてくださいね!




*************************************************




第5回 「みんなの市」 陶器市


2013 年 5月18(土),19 日(日)
11:00 - 16:00


作る手、使う手 みんなで繋がる みんなの市

第5回目となる今回もアウトレット価格で 暮らしの器を販売します。
手工芸品、FOODなどの他に、被災地より特別出展の3組が参加します。

商品により 売上げの一部、または全額を 
東日本大震災義援金として
日本赤十字社を通じ送らせて頂きます。



会場 / senkiya
〒333-0823 埼玉県川口市石神715
http://www.senkiya.com/

Access>>

JR武蔵野線 東川口駅からバスにて10分
19日(sun)/東川口駅発バスは運休となります。 
東浦和駅よりバスをご利用下さい。


■みんなの市は チャリティーマーケットとなり
ボランティアにより成り立っています。
ご来場の際は、エコバックと小銭のご協力をお願いいたします。
また、簡易包装にご協力下さい。



■駐車場は、敷地の奥となります。
ご利用の際は、譲り合って頂く等、お願いいたします。
[PR]
# by tougei-mutsuki | 2013-05-15 11:20 | 作品のこと
まだ桜が咲き始めてまもない3月の祝日、上野の国立科学博物館に行きました。


c0062685_22135021.jpgc0062685_22114822.jpg


私が小さいころからあったような気がするシロナガスクジラの実物大のこのオブジェ。

調べてみたら以前のオブジェはザトウクジラだったそうで、これは1994年完成だそう。19年前か。なんだ小さい頃みてたのとは違うんだ。

でもいいなあ・・・やっぱり。クジラって素敵だなー。


c0062685_227898.jpg



カメラを向けると男らしいポーズをとるヒト。

c0062685_2252099.jpg



企画展「グレートジャーニー人類の旅」にも惹かれましたが、5才児には難しいかも・・?ということで常設展へ。

見応えたっぷりで息子も「これは?」「これは?」と走り回って喰いついて見ていました。

先日からはじまった「江戸人展」も面白そう。頭蓋骨や骨から庶民や武家の暮らしの違いが読み取れるそうな・・・こういうの好きなんです。


c0062685_22113349.jpgc0062685_22104321.jpg


c0062685_2273743.jpgc0062685_2272671.jpg


動物の頭蓋骨を見ていると、村上春樹の「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」を思い出します。

学生時代から村上春樹が大好きでした。
「風の歌を聴け」や「羊をめぐる冒険」や「ダンスダンスダンス」も大好きで何度も読み返しました。なかでも「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」が一番好きかもしれません。

でも「ねじまき鳥クロニクル」1巻から後はずっと読んでいません。なんだか読めなくなってしまいました。(ちょっと残酷シーンもいやで)

きのう村上氏の「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」出ましたね。
「1Q84」もまだ読んでないんですよね・・・読むかな。どうしようかな。

c0062685_22111166.jpg



このポーズで撮ってると
「ママ早くしてよ〜・・ボク恥ずかしいんだよ」って(笑)
[PR]
# by tougei-mutsuki | 2013-04-13 17:20 | 暮らしのこと
3月末の還元の窯です。

人気の還元の窯。
うちの教室の窯は電気窯なのでニクロム線に負担がかからないよう還元炎は酸化2回はさんで焚く事にしています。なのですごく久々・・・。

生徒さんの作品をアップしますね。



左:k野さんの作品。ろくろで成形して呉須で染め付け。「カモメ食堂」でおにぎりをのせたシーンで有名なARABIAのお皿のうつし。根気よく筆で点々してる姿も楽しそうでした!いい感じにできました。

右:M北さんのたたらを型に巻き付けて作った蕎麦猪口。
染め付けの線も綺麗に描けています。粘土に少し鉄分があるのでグレイッシュな色で、のんびりした風合いになりました。

c0062685_17153425.jpgc0062685_17155336.jpg



左右:O作ちゃんの自由な染め付け小皿。シシトウ、トマト、小花に、え?これはピーマン?カボチャ?(笑)
絵は初めはみんな「描けない」って言うのですが、描き始めるとはまるんです☆

c0062685_1716768.jpgc0062685_17161070.jpg




N川さんの染め付け小皿
左上から時計回りに十二支になっています。
絵がとってもキュートなんです。卯をくわえた寅とか、午と未が半身でつながってたりとってもユニークです。

c0062685_17165288.jpg



左:O作ちゃんのスープ皿。手捻りでおっとりとした形に還元のうのふ釉が民芸っぽくて素敵です。
どんなスープでも似合いそう。

右:Y成さんの中鉢。鉄と色絵の具で丁寧に絵付けをしていました。集中して描いていましたね。絵柄も面白いし可愛いですね。白い素地で染め付けしたらまた色が冴えていい感じになりそうです。

c0062685_1715205.jpgc0062685_17183797.jpg




左:N田さんの「フルーツ盛り皿」。
朝フルーツにはまっている健康志向の彼。フルーツを美しく盛りつけることが彼のブームなようです。
緑釉が石で模様をつけた生地にたまって綺麗に発色しています。格調高くできました。

右:F田さんのスープ用マグカップ。手がすこし不自由になってしまったご家族の為に軽く作り、持ち手のトップのところにかかりをつけました。力がかかり易くなります。うのふ釉がいい感じの色に発色しました。

c0062685_17171454.jpgc0062685_17182658.jpg




左:Mさんの3点。刷毛目をした小皿と小鉢と、立ち上がり部分に線を象嵌した皿。お皿はマット釉を吹いてうすがけしたので土の風合いが強くでて素敵です。

右:家族の名前を古い文字で染め付けしたお皿。家族思いのSさんの作品です。みんな喜んでくれることでしょうね☆

c0062685_1717238.jpgc0062685_17181086.jpg




Mさんの染め付け大皿
絵の上手なこの方、やはり素敵!ちょっとオリエンタルな雰囲気の絵柄がまた上品です。

c0062685_1718119.jpgc0062685_17175960.jpg




左:J子さんの焼きしめ大皿。
厚めで重量感のある板皿、放射状に線を施しておしゃれに。
素朴に〜ということで樫灰を水で溶きのりをいれ、霧吹きで掛ける方法をお教えしました。
霧を強弱つけることで薪窯で灰がかかった雰囲気に・・・

そこまでだと普通ですがさすがJ子さん。さらにガラスの破片をのせてみるという実験心がすごいです。
ガラスが放射状に流れて面白い効果になっています。

右:M北さんの花器と花小鉢。
花器に穴のあいた蓋をつくりました。蓋ですからとりはずして使う事もできます。
生け花を習っているM北さん、この方がお花を生けたりしやすいようです。
こんな風に自分流に工夫することができるところが手作りの醍醐味だと思います。

c0062685_17173415.jpgc0062685_17184599.jpg



次はまた酸化です!
[PR]
# by tougei-mutsuki | 2013-04-12 21:08 | 睦月の工房風景
まだ桜が咲く前、カナルカフェでボートに乗りました。

c0062685_11311864.jpg



カナルカフェ
神楽坂下のお堀にあるレストランでボート場もあるんです。
桜が咲く時期はものすごく混んでいます。いつも行列しています。
水面にたれ込める桜がすごく雰囲気いいんですよね・・・



c0062685_11315629.jpg



だから桜が咲く前の空いてるうちにちょこっと。


危ないから座っててというのに、ボクやりたい!といってオールをにぎってしまう。
言う事聞かないです。最近・・・



c0062685_1131506.jpgc0062685_11313480.jpg


「かっこつけのポーズ」で決め。

c0062685_1131251.jpg



寒くなってきたからかえろ〜〜
「やだ!!公園行きたい!!」

でいつも通り公園詣で。ここから1時間コースです^^:


遊具を全部ひやかして

c0062685_1131834.jpgc0062685_11295842.jpg


しめはこれ。子供の定番?木のぼりです!
まだチビの3才からこんな調子・・・てっぺんまで行くんですから。


c0062685_11294538.jpgc0062685_11295525.jpg



1週間後の同じ場所。桜が満開の頃です。


c0062685_11503757.jpg

c0062685_1150292.jpg

[PR]
# by tougei-mutsuki | 2013-04-12 11:44 | 暮らしのこと
「ここは寒いからあっちに行っときな〜」というのにドライヤーで髪を乾かすわたしのそばで「ママのこと見てる〜!」って床にぺたん。まったく男の子って甘えん坊です。


c0062685_21543226.jpg

c0062685_2149472.jpg

c0062685_21484239.jpg

c0062685_21482326.jpg

c0062685_2149842.jpg
c0062685_2149261.jpg
c0062685_21493064.jpg



4月から年長さんになりました。

来年はいよいよ小学生か?・・・早いです。
[PR]
# by tougei-mutsuki | 2013-04-11 20:47 | 暮らしのこと
c0062685_21133878.jpg


3月6日(水)から19日(水)まで新宿伊勢丹本店5階で催される

1000 MUG marcheにわたくし加藤恵津子も出品します。

100人の作家×10点=1000個のマグカップという企画展です。

新宿にお越しの際はぜひおたちよりくださいませ!
[PR]
なんだかんだで1月は窯焚きできず、2月のこの酸化が2013年初の窯です!
陶芸教室睦月の会員の皆さま大変お待たせいたしました^^:

出た作品をアップさせていただきますね。




左:水玉がお好きなIさんは全部ドットで攻めの姿勢です。ドットの部分は撥水剤で釉薬を抜きビスクを見せています。ポップに仕上がりました。

右:同じIさんのクリスマスツリー。まえに作っていた方と同じやり方ですが、作り手が変わると作品の印象もかわります。色はチタンとトルコブルーで。トルコブルーも赤土にかけるとくすんで鮮やかすぎずシックです。

c0062685_13395229.jpgc0062685_13325177.jpg




左:N田さんのフラットなお皿。「木の肌みたいにカサっとした感じにしたいんです」とおっしゃっていたので、お勧めしたのは黄瀬戸釉をごく薄くかける方法。上澄みだけを溶いてサッとかけました。ほんとにカサッとしてます(笑)若葉を敷いて和菓子を乗せたら似合いそう・・・。

右:おなじくN田さんの秋刀魚も乗せられる長皿。こちらもシックにとのご希望でしたので、釉薬を二重に掛けてほんの少し線のように下の釉薬を掛け残す方法をお教えしました。とっても素敵にできましたね!お母様へのプレゼントだそうで、これなら喜ばれることまちがいありません。

c0062685_13314127.jpgc0062685_13315239.jpg




お菓子の先生をなさっているO山さんの作品。ロールケーキを乗せて切るのにふちがない方がいいのでフラットな角皿を作りたいとのことで出来たのがこちら。チタン釉のしっとりした艶が洋菓子はもちろん和菓子も大丈夫!なお皿になりました。手前の小鉢も小さな耳をつけて可愛くなりました。こちらは少し硬質な白マット。同じ白でも雰囲気が変わります。

c0062685_13334669.jpg




K田さんの作品。赤土で手捻りにて制作。蚊帳を乗せながら白化粧をしてあります。すると蚊帳目がついていい感じに。
下絵の具で絵付けをして透明釉を・・・。普段の食卓に使いやすそうな可愛い鉢になりました。

c0062685_13304032.jpg




左:T澤さんの長い石膏型を使って作った楕円の長皿。トルコブルー結晶釉をかけて。ふだん使いというよりは人の集まるおもてなしなどに使いたい器だと思います。お料理やフルーツをのせて現れたら「わー!」と歓声があがりそう。

右:赤い鍋土を使って手捻りで作ったTさんの「ひとり鍋セット」
ゆる〜い感じの手捻りの土鍋でほっこりひとり鍋。暖まってください!

c0062685_13381663.jpgc0062685_1338085.jpg




左:T本さんの緑の器とH川さんのなまこ釉の花小鉢。色がいい感じに合うので一緒に撮ってみました。^^

緑の釉薬は実は「廃棄釉」なんです。手や道具についた釉薬を流しに流さないためにバケツに集めてためているのですが、それを「もしや使えるかも・・?」と試しに焼いてみたらまあ綺麗な緑の釉薬に!廃棄釉第1号です。この釉薬はそのバケツかぎりでもう同じ色はでないかもしれないという超レアもの☆
廃棄釉第2号はもう少しブルーグリーンなこれまた綺麗な釉薬ですよ〜!会員のみなさまお試しあれ。

右:オーバルシリーズ。Y成さんとT澤さんの楕円のお皿たち。型で整形しているので同じ形が作れます。使い安そうな器です。

c0062685_1340738.jpgc0062685_13404581.jpg




左:G藤さんのトルコブルーの大皿。わざと縁の釉薬をスポンジではがしてビスクをみせて飾りにしています。これが大正解ですね。全部かけたら面白くなかったと思います。沖縄っぽい感じ・・・でしょうか。

右:M谷さんの飴釉の角皿。お料理やお菓子が上手なこのかた。いろんなシーンで役に立ちそうな角皿です。

c0062685_13412742.jpgc0062685_13415318.jpg




左右:Mさんの器。絵の上手なこのかた。今回はシックにほおずき柄で・・・。線刻と白化粧。釉薬はカオリンマット釉をうすく掛けて・・・最後にほおずきの実の部分だけちょこんと飴釉を乗せています。それがとても効いています。

c0062685_1335632.jpgc0062685_13351045.jpg



次回の窯も酸化です!2月中に焚きます〜〜!
[PR]
# by tougei-mutsuki | 2013-02-20 15:35 | 睦月の工房風景
実家では毎年味噌を作っているので、出来上がったのをすこし分けてもらっていました。
今年は「わたしも作りたい!」と参加してみました。


c0062685_13103785.jpg


味噌8キロセットを4袋。32キロの味噌を作りましたー!4軒分の味噌です。

大豆2キロ、麹2キロ、塩1キロで8キロの味噌になるみたいです。
今回は大豆8キロ、麹8キロ、塩4キロを使って32キロの味噌になります。


c0062685_13104320.jpg


ゆでた大豆をすりつぶします。

いろんな人が味噌を作っているのをブログで見ます。こちらのお宅のような
ミンチをつくるハンドルでぐるぐるまわすタイプのマシーンがあるととっても良さそう。

でもないから仕方ない。プラスチックの道具でつぶします。
これがまあ大変な作業で・・・。

なにしろ量がハンパないので。4軒分の味噌を2人でつぶしました。
1人はずっと火の前で2台の圧力鍋でゆで係。

c0062685_13105466.jpg


つぶした大豆を塩と麹を合わせたものと混ぜる。大豆の茹で汁と一緒に。

c0062685_13122168.jpg


いやはや。
疲れました〜〜
腕がパンパン。つぶしてるそばからもう筋肉痛。

結局32キロできるはずが40キロできちゃいました。
水分が多かったのかな。


c0062685_13112482.jpg


7月くらいにできあがるみたいです。
楽しみだな
[PR]
# by tougei-mutsuki | 2013-02-12 13:54 | 暮らしのこと
息子がゴゾゴゾなんか洗面所でやってる。

なにしてんの?と聞いたら「靴下あらってんのー!どろんこだからー」と。
さっき先生から保育園で泥遊びしたと聞きました。

「じゃあどうせなら靴洗ってよ。もっとドロドロなんだから〜」と靴を渡すと、


c0062685_11595113.jpgc0062685_120993.jpg



「ボク洗う洗う!」と嬉しそう。(しめしめ)



c0062685_1203626.jpg




そこら中水びたしだし、服もビショビショ・・・。
でも自分のことを自分でやって嬉しそうだから、まあいいか!



c0062685_1205855.jpgc0062685_121626.jpg


ついでにおもちゃの人形も洗って満足満足・・・・
良くできましたー!


5才。4月からは年長組さん。いろんな事ができるようになってきました。
[PR]
# by tougei-mutsuki | 2013-02-12 13:09 | 暮らしのこと
c0062685_14385018.jpg


息子のインフルエンザの記事からだいぶ経ってしまいました。

息子のインフルはA型でしたが、今年のは熱の症状より咳がひどかった感じがします。
始終咳をしていて、夜中は咳が止まらず一晩中・・でした。
私はそんな咳患者のそばにずっといましたが幸運にもうつりませんでした。よかったー

息子が回復してホットしたのもつかの間。
今度は夫に異変が!

背中に激痛が走って動けない状態に・・・。
お医者さんによるとヘルニアらしく・・・昔スポーツ(ラグビー)やってた人にはありがちなんだとか。加齢とともに身体にたまっていた無理が現れるのでしょうね。

そんな夫は4日間仕事を休んで寝たきりでした。

家族の誰かが不調だと落ち着かない日々になりますね。




夫も一応会社に行けるようになり、やっと日常が戻って来ました。ほっ・・・


日曜日、こどもとお菓子を作りました。
おじいちゃんが買ってくれたキットになってるチョコクッキーです。
アイシングペンやクマの型もついてます。


楽しそうにヌリヌリ・・・♪

c0062685_14405847.jpgc0062685_14413722.jpg



え?なんかピンク盛り過ぎじゃあ・・・?



c0062685_1442487.jpgc0062685_14423711.jpg



ほらー! ・・・こわい   こっちはぴろーんだし



c0062685_14425099.jpgc0062685_1443639.jpg



こっちもなんだか・・・   びよーんだし。



c0062685_1443115.jpgc0062685_14432442.jpg



まあいいかっと・・・ラッピングもしてみましたが。


c0062685_14432736.jpg
[PR]
# by tougei-mutsuki | 2013-02-04 15:26 | 暮らしのこと
ついに来ました。インフルエンザ。
息子がかっかってしまいました。

日曜日に発熱。機嫌がこの上なくわるい。


c0062685_1350020.jpg




大雪になった成人の日。午前中早めに休日診療の病院に行ってよかった。

病院をでたら雨がみぞれに変わっていて、そのまま車でスーパーに寄りたっぷり買いものして、
店を出てきたら本気の大雪。あっというまに道もシャーベットで、ちょっと遅かったら危なかったです。

そして帰ってからはそのまま冬ごもり状態です。




条例で感染後5日、解熱後3日は学校や保育園には行かれないらしく、今週の保育園は絶望的。
かろうじて土曜日には行けるかな・・・

自動的にわたしの陶芸教室のほうも木曜日、金曜日はお休みさせていただくことになってしまいます。
生徒のみなさんにはご迷惑おかけして申し訳ありません。

土曜日は開けたいっ!!



c0062685_14165769.jpg


インフルエンザの特徴ですが、あっというまに高熱になりぐったりしました。
リレンザの効き目も劇的ですぐに元気になりました。表面上は。

でもまだまだ治ってない。

のどごしのよいおやつ・・・牛乳ゼリーの黒蜜がけ。



c0062685_1352532.jpg




本日で4日目。元気になってきて遊び始めた息子。
クリスマスにサンタさんからもらったカプラで・・・。

寝過ぎですごい鳥の巣(笑)
[PR]
# by tougei-mutsuki | 2013-01-16 14:32 | 暮らしのこと
2013年はじまりましたね。


c0062685_1742294.jpg



今年のわが家のお正月。
夫は高知に帰省し、わたしと子供は浦和の実家に。というバラバラ正月でした。

浦和の実家には母方の親戚が25人集まり、その準備等で追われあっという間に終了・・・。
今年はイギリスから妹も準備に参戦し母+3姉妹+姪の女性軍団でがんばりました。

こうして今年も変わらずお正月にみんなが集い元気な顔をみられるのも、平和でしあわせだということ。
健康で平和で平凡な日常に感謝・・・。




1月の陶芸教室は1月10日(木)からです。
土曜日の午後のクラスは12日と19日になります。

今年もよろしくお願いします。

睦月
[PR]
# by tougei-mutsuki | 2013-01-09 17:40 | 暮らしのこと
いただいたものの紹介ばかりで恐縮ですが・・・


素敵なネックレスいただいたので紹介させてください。
手作りのスワロフスキーのネックレス・・・。作り手はもちろんこのかた


c0062685_13203733.jpg


別の方が作ってもらったのを見て、わ〜素敵素敵!!と騒いだら、わたしにも作ってくださいました(笑)
すみません〜〜!^ ^:




装飾品の写真ってむずかしい。



なにかバックに布を・・・と思ってもざっくりしたリネンとかならたくさん持ってるけど、艶のあるシルクとかがビーズの輝きをひきたてるかしら・・と思いながらもなかなか難しく・・・。


いろんな服をひっぱりだし、合わせてみました。





c0062685_13204663.jpgc0062685_13202116.jpgc0062685_13211737.jpgc0062685_13205979.jpgc0062685_1321474.jpgc0062685_13215734.jpg



合わせる色によってビーズの色も違ってみえますね。あたりまえですが・・・。


junkoさんありがとうございました。大切にしまーす!
[PR]
教室の生徒さん達から旅行のお土産をたくさんいただきました。
いつもお茶タイムにいただいてしまうのですが、めずらしく写真に撮りましたのでアップします。



c0062685_171419100.jpgc0062685_1714337.jpg

Nさんの大阪のおみやげ、黄色い缶が可愛いくいだおれ太郎のお菓子。
昭和な感じがたまりません。よくみると顔がちょっと違う〜眉が!




c0062685_17135819.jpgc0062685_17135397.jpg

湯布院、玉の湯のお土産の柚子ねり。Yさんから。
ぎゅーっと入ってみえるので、ジャム?みたいなもの?と思いましたら、ピールでした。
これはと〜〜っても上品なお味で、超美味しいです!甘さがひかえめ。
さすが一流玉の湯の味。いつか行ってみたいなあ(夢)




c0062685_17154356.jpgc0062685_17152767.jpg

ロンドン&パリの旅に行ってらしたjeudiさんからは
ロンドンのH. R. Higginsのコーヒー豆とパリのポワラーヌのクッキーを。
このクッキーはクセがなくて自然な風味で美味しいのです!息子も大好き!
うれしい〜




c0062685_17151051.jpgc0062685_17155413.jpg

左はこのかたのアメリカのお土産。
ウイリアムズソノマのキッチンリネンとバジル。

渋谷のハチ公前広場に面した東急にウイリアムズソノマがあったとき大ファンで、何度も通ってました。
当時は一人ぐらしの私にはちょっとお高いお値段で、いつか家庭をもったらあれもこれも買いたいな〜と眺めてました。
まさか撤退しちゃうなんてね・・・
瀬戸からこちらに帰ってきてなくなっていたのを知ったときにはショック!!!で呆然・・・でした〜。

右のチョコはお菓子の先生をなさってるOさんの手作りのチョコ。
アーモンドとオレンジピールが入っていてさすがプロの味です。
教室にいらした日に「きのうはケーキ5台焼きました〜」と言ってました。すご〜〜





c0062685_17132867.jpgc0062685_17131183.jpg


「先生クリスマスプレゼント〜!」とMさんがくださったのは素敵な香りのするハンドクリーム。
陶芸は手が荒れますからね、よくわかってらっしゃる〜(笑)うれしい♡

jeudiさんはロンドン&パリのまえに韓国にもさくっと行ってらしたのです。
カタツムリのコスメ。パックです。これで肌にカツを!入れろってこと?(笑)はいっ!!

他にもいろいろ皆さんいつもありがとうございます。
感謝・・・・!!
[PR]
クリスマスは終わってもう町はお正月の飾りが並んでますね。お花屋さんにはもう千両や松が・・・
ここの切り替えは日本ではとっても忙しいですよね〜

昔子供のころは伯父伯母やイトコ達がおばあちゃんちに集合して、クリスマス会をした翌日にお餅つきを、なんてことやってました。準備が大変だったんだろうな〜と今なら十分わかります。とんでもない人数でしたから・・・伯父伯母に感謝です・・・

c0062685_1634289.jpg


そんなもうすぐお正月な気分の今ですが、クリスマスケーキの写真です

2年前の息子の誕生日に作ったバスのケーキ。ビギナーズラックというのかすっごく美味しくできてご満悦だったのですが、2回目に作った5歳のバースデイケーキはなぜか美味しくなかった。

ボソボソしちゃったんですよ〜
・・と話したら生徒さんの一人でお菓子の先生をなさっている方がいて、丁寧にこつを教えてくださいました。

粉を入れてからも結構しっかりかき混ぜたほうがよいとか、チョコレートと生クリームを混ぜるときには生クリームは揺れるくらいの7分立てくらいとか・・・ほかにもいろいろ。
確かに生クリームは飾り付けるとき既にモロモロになってしまったので立て過ぎだったみたいでした。7分立てくらいでいいとは・・知らなかった〜

で、そのとおり作ってみたんですが・・・
デコレーションは雑誌「天然生活」に載ってたブッシュ・ド・ノエルを参考にしました。
c0062685_1783836.jpg


やっぱり生クリームは泡立て過ぎちゃいました(> <)
すこしモロモロっとしてしまいました。慣れない作業でモタモタしてたので・・
わざわざ追加でメールまでくださったのにOさんすみません。

味は・・まあまあかな。やっぱりシロップをうったほうがよかったみたいです。(省略しちゃいました)

1年に1回くらいしか焼かないケーキ。うまくなるには失敗を恐れずどんどん作らなきゃ!

あ、陶芸と同じですね〜(ここでやっと陶芸ブログになります^^)
[PR]
# by tougei-mutsuki | 2012-12-26 17:11 | 暮らしのこと