c0062685_11591633.jpg


こどもの自転車買いました。
9月の誕生日のプレゼントにと高知の父母からもらったお祝いで買わせてもらいました。

いろいろ見て選んだのはブリヂストンのlevenaです。夫が絶対これだと断言。
多少高くてもこれだーー!と。
10月にホワイトが出るのを待って購入しました。

これに決めた理由。
なにしろ軽い。7.9キロしかないのです。普通の子供自転車はだいたい13〜14キロもあるんです。
倍の重さ!
軽くないと転んでも自分で起こせない。この軽さなら私が車に積むのも楽々ー。



銀杏の紅葉もきれいな盛りなので自転車の練習しに神社に行ってきました。

c0062685_1221824.jpgc0062685_1233328.jpg
c0062685_1252866.jpg
c0062685_1225840.jpg

c0062685_1274476.jpgc0062685_125876.jpg



せっかくのカッコイイ自転車ですが、まだ補助輪つきです^^:
そのうち取る練習しなきゃ。それはパパにやってもらおう。


日が傾きせっかくの銀杏の黄金色も片側だけ....。
日が暮れるのが早くなりました。


c0062685_128644.jpg





わざわざコンビニで買い物して手に入れたビニールに入れて持ち帰ったもの。
ものすごい量の銀杏の実が落ちていました。
素通りはできない性分です(笑)すこし拾って持ち帰りました。

ビニール袋にいれて袋の上から実をつぶしてぐちゃぐちゃにして種を取り出しました。
手がかぶれることもあるようなのでビニール手袋して。

ベランダで何日か日にほしたらにおいも気にならなくなりました。

c0062685_1283145.jpg


[PR]
# by tougei-mutsuki | 2012-12-04 15:20 | 暮らしのこと
早いものです...今年息子も5歳。
七五三のお祝いに写真館で写真を撮ってもらいました。


c0062685_14215537.jpg



はやりの大型スタジオ写真館ではなく昔からやってる硬派な写真館で撮ってもらいました。



写真館のそばの神社へ参拝に...。
実家のあるさいたま市の神社。調神社。

狛犬ではなくうさぎがモチープになっているので有名な神社です。
この神社は骨董市が行われていたり、12月12日には毎年十二日町という盛大なお祭りが催され、私も小さな頃は友達と連れ立ってよく行ったものでした。



c0062685_14224689.jpgc0062685_14225167.jpg

c0062685_14231366.jpgc0062685_1425878.jpg


平日に母とわたしと息子の3人で行きました。

祈祷していただこうとしたら
「全員そろってから祈祷の申し込みを」と言われました。なんだか堅苦しいな..と思いながらもその辺で遊んでいる息子をつかまえて再び祈祷の申し込みをしました。
他にも、トイレに行きたくなったちいさな息子さんをつれたお父さんがおこられてました。


祈祷の申し込み用紙に名前を書き込むと、
「今日はご主人は仕事はやすめないのですか?家族の筆頭者がいないと意味がありません」と言われてしまいました。

みんなそろってから出直してこーい。という意味でしょうか。

「仕事を休んで揃ってから来てください」って言われても〜....。
「今日しか時間がないので」と言っても「筆頭者がいないと意味がない」と。


「じゃあ...いいです」と帰ってきました(笑)

「そこをなんとかお願いします〜!!」とか言って祈祷していただくのが普通なんですかね。
そこまでしなくてもいいか〜〜とあっさり祈祷をあきらめてしまった私です。


調神社...良く言えば商売っ気ない。悪く言えば「上から」な神社でした。



気を取り直して食事に。

ロイヤルパインズのRPRです。

眺めがよいので割と長時間でも息子も座っていられました。

c0062685_1449229.jpgc0062685_1450149.jpg


c0062685_14481643.jpgc0062685_14482599.jpg


c0062685_14484139.jpgc0062685_14493724.jpg


c0062685_14495841.jpgc0062685_1451635.jpg


お料理はフレンチなんですがほとんど中華な感じでした。
[PR]
# by tougei-mutsuki | 2012-12-04 15:18 | 暮らしのこと
c0062685_1115364.jpg



10月のとある日。川越へ行きました。

妹がイギリスから帰ってきていたのでどこか観光に行こうか〜と。
で、手近なところで川越です。母と妹と3人で。


c0062685_11175394.jpgc0062685_11163641.jpg


c0062685_1116209.jpgc0062685_11155382.jpg



川越祭りの直前で紅白の幕に彩られにぎやかでした。

お天気もまさにお散歩日和。菓子屋横町を冷やかしたり、名前入りの箸を買ったり、
ベーグル買ったり、ぶーらぶら。




実はこちらのギャラリーに行ってみたかったので川越に来たのでした。
GALLERY うつわノートさん。


c0062685_11144420.jpg



古い洋館を素敵に直してギャラリーにしていらっしゃいました。

c0062685_11151128.jpgc0062685_1115669.jpg


建物のもつ重厚感もさることながら、家具などの調度品も素敵でうつわたちを引き立てます。

c0062685_11141674.jpgc0062685_11143553.jpg


低くクラッシック音楽の流れる店内。
寡黙なご店主がお茶をいれてくれました。

c0062685_11134065.jpgc0062685_11131748.jpg


若手の作家さんが多くお値段もお手頃なものが多かったです。
思わず私も飴釉の鉢を買いました。母は急須。

c0062685_11135511.jpgc0062685_11135350.jpg


日だまりが気持ちいい縁側。

c0062685_1113418.jpg


喜多院のすぐそばです。
[PR]
# by tougei-mutsuki | 2012-11-19 11:58 | 暮らしのこと
pc買いました。やっと。
c0062685_9502619.jpg



mac book airの11インチにしました。

c0062685_9505025.jpg



これは以前のmac book
かれこれ6年使いました。
トラックパッドが壊れていました。
よくがんばりました。
c0062685_951174.jpg


新旧くらべ。
c0062685_9513770.jpg


薄さと軽さに6年の歳月を感じます。
c0062685_9534076.jpg


そしてさらに先輩が並びます。i book先輩重い腰をあげ久々の登場。
c0062685_9535313.jpg


パカーン。
c0062685_9535738.jpg


i book先輩。
今みるとモサッとしたデザインにも感じますが、当時はおー!かっこいー!と思ったのでした。
c0062685_954133.jpg


mak book先輩。この白さがワクワクものでした。
実際すごく汚れるんですけどね。
トラックパッドで2本指でスクロールにおー便利〜と感動したものでした。(レベル低いです)
c0062685_954554.jpg


そして彼が今のmac book air君です。
スクロールの方向が逆になっていたり(i padとかと同じに)
トラックパッドに置いた指でで拡大やらページをめくれたりと6年の時の流れを感じます。

これでできることも格段に増えているのだろうが宝の持ち腐れにならないようにしなければね。
c0062685_9541182.jpg


思えばずーっとmac
最初はキャンディカラーのi macでした。
c0062685_10491743.jpg


ずいぶん進化しましたね・・・・
[PR]
# by tougei-mutsuki | 2012-11-19 11:04 | 暮らしのこと
c0062685_945921.jpg


・・キャラ弁です!

息子の保育園の遠足にお弁当。
いつもは給食があり(白飯だけ持っていく)お弁当でないのでたすかっているのですが、
遠足は(といっても近くの公園だけど)お弁当持参!!

張り切ってキャラ弁作ったんですが・・
ドラえもんの目玉、チーズを丸く型抜きしトースターであぶったパスタで刺して固定。
そのあと海苔で目を入れるつもりが時間切れ。まー可愛さ半減だけどいいか〜?
ちょっと人相違ってしまいました。

楽しみにしていた息子の反応。

「お弁当どうだった〜?」
「うん!ドラえもんとー、タコさんウィンナーとどんぐりだった!」
「うふふ」
「でもーーーウィザードとかーディケイド(仮面ライダー)とかがよかった。」

ガクッ。
こんなもんです。(笑)
たしかに息子はドラえもん好きとかいうわけではなかった。私が作ってみたかっただけでした〜〜!
[PR]
# by tougei-mutsuki | 2012-11-04 09:27 | 暮らしのこと
生徒さんと遠足に。今回は青山のNARISAWAです。



陶芸教室の生徒のみなさんはとってもおしゃれで好奇心旺盛の方が多いのですが、なかでも食いしん坊の集まりなのが木曜日のマダムたち(笑)

私にとっては憧れの2つ星NARISAWAにもかる〜く「行きましょ〜!」と一声で集結。
秋晴れのとある日ご一緒しました。



シンプルでスタイリッシュな外観。わ〜どきどき

c0062685_2285718.jpgc0062685_2284749.jpg


清潔に美しく磨き込まれたプレート。幕が開く前の静けさのような・・・。
今回のテーブルは「森と共に生きる」がテーマだそうです。


最初にテーブルに現れたものは・・・?ロウソク? アロマポットのようなものの上に謎の物体。
なんだろ・・みんなの頭上に?マークが飛びます。


c0062685_2291461.jpgc0062685_2291438.jpg



朴葉の上には黒いまた謎の物体。
これはサクッとした香ばしい皮に甘〜いタマネギが包まれたとっても美味しい一品。
う〜〜んもういっこ!と叫びたくなります。

蛸のマリネにジュレがかかったもの(名前わすれた)
こちらのかたはイカとおっしゃってますが蛸じゃなかった〜?(笑)
お味はインパクトはさほどないものの間違いなく美味しい一品でした。素材の新鮮さを感じます。

c0062685_22104411.jpgc0062685_2210114.jpg


テーブルに鎮座していたこの子、いつのまにかプクーッとふくらんできたではないですか!
なんなの?これは一体?

給仕の方がそれを引っ張り出すと運んできた石釜に入れて(300度に熱してある)木のふたをして・・・待つ事しばし。ふたを開けて出て来たもの。それは栗のパンでした!発酵させていたのですね。
まーにくい演出〜


c0062685_2210398.jpgc0062685_2210331.jpg


そしてそして・・・ずっと一度見てみたい。食べてみたいと思っていたこれ。
盆栽仕立てのバター。焼き上がったばかりの栗のパンと共に・・・。
バターは粉末状にしたオリーブと緑のなにか(なんだろ抹茶?)で彩られ、なにか植物が刺さっていてまるでちいさな苔玉。まあ〜かーわいい♡
そして超美味しい!!やばいんですけどー固まり全部食べそう。


「こんな美味しいお料理食べられて、お父さんありがとう〜♡」という声も!
ほんと各々旦那さまに静かに感謝・・(たしかに今日うちの夫は私の作った超適当お弁当だわ)


c0062685_22112387.jpgc0062685_22113962.jpg


加茂茄子。これも茄子の美味しさが詰まった逸品。思わず「これになった子たちは幸せな茄子ね〜」と言ったヒトいましたよね〜(笑)茄子冥利に尽きるという感じでしょう。
トマトの透明なシートがふんわりかけられて中にはお花畑が・・・!。まるでアートです。

お魚はスズキ。ゴマ豆腐やズイキが添えられてまるで和食の一品。
ソースがネギのソース。かぼすの泡が面白いです。

c0062685_22103961.jpgc0062685_22115555.jpg


お肉は、鹿児島 完全放牧 純血黒豚 です。
ほんと完全放牧な野生的な歯ごたえ!しかも臭み一切なし〜〜
シンプルな味付けで嫌みのない健康的な一品って感じでした。

c0062685_22264219.jpg


そしてデザートターイム!
宇宙的なラインの素敵なガラスの器にのせられたこれは・・・「和栗・山崎ウィスキー」とあります。栗のペーストと小さな白玉にウィスキーのスープをかけて・・・。
なんとも上品な一品でした。すっごく美味。

さらにさらに・・運ばれてきたワゴンにには・・・秋がてんこもり!
可愛いらしい小さなお菓子がたくさん・・・。

全部いただきました(笑)

c0062685_22123840.jpgc0062685_22131950.jpg


美味しい珈琲をいただき、おかわりにいただいた紅茶も美味。
サービスも申し分なく・・・。
すべて完璧なNARISAWAなのでした〜〜。あー楽しかった♡


さあまた次行きましょう!(笑)
[PR]
c0062685_16513833.jpg


わたしの作品を取り扱っていただいている仙台のうつわのお店つむぎさんが出店されるイベント「わののわ」の案内が届きました。今年もとってもかわいい案内です!

「わののわ」とは・・・被災地の人たちがうつわを通して「当たり前だった日常」を取り戻し、さらに「より楽しい日常」を新たに手にするお手伝いができればーと仙台で始まったイベントです。

わたくし加藤恵津子の作品も出品させていただいています。


*日時 11月3日(10時~18時) 11月4日(10時〜17時)

*会場 「藁の家」 仙台市太白区秋保町長袋菅刈山15

c0062685_1652267.jpg

c0062685_16521155.jpg


お近くの方、ご興味のあるかたはぜひ会場へ!!
[PR]
雨の日曜日。


いつもの公園詣がなくて家事ができるので助かる反面やっぱり
「つまんなーい!つまんなーい!」攻撃に一日さらされるのも辛いところ。

テレビの録画漬けにしておくのも可哀想だし・・・。
お絵描きも、折り紙も、絵本も飽きたし・・・。

ドーナツつくる?


c0062685_9494670.jpg


「うん!!やったー」

しばらくは熱中・・・

c0062685_9504727.jpgc0062685_9495179.jpg


こんがり揚げて・・・


c0062685_951785.jpgc0062685_952231.jpg



素朴なドーナツ。
子供が生地を捏ねたりするとくっつかないように粉多めになり結局生地が硬くなっちゃう。

お味は・・・?


「まあまあうまいね」


そんなもんです(笑)

c0062685_9522794.jpg



そしてすぐまた「つまんな〜い!お外であそびたーい〜!公園いきたい〜!」は続くのでした・・・
[PR]
# by tougei-mutsuki | 2012-11-02 04:00 | 暮らしのこと
東京国立市の「黄色い鳥器店」にて
グループ展があります。

私が卒業したやきものの学校・・・愛知県瀬戸市の窯業訓練校。
その卒業生6人の作品展です。

同期の友達もいますが先輩や後輩も・・・。楽しみです♪

みなさまよかったらご覧下さい!

c0062685_11394543.jpg


c0062685_11421164.jpg


今週10/5金曜日から。

ちなみに↑のDM、加藤恵津子がわたくしでーす。

明日搬入してきまーす!
[PR]
お知らせ

来月10月5日〜東京国立の「黄色い鳥器店」にてグループ展があります。
現在製作中〜!
よかったらぜひいらしてくださいね!


*********************************************



おおきな木製のオブジェ?

c0062685_11163475.jpg


中はこんな風にカラフルなネットが下がっています。
ネットの中に入れるのは子供だけ。いいな〜入りたい。



c0062685_11165181.jpgc0062685_11181095.jpg


c0062685_11181986.jpgc0062685_11172820.jpg


c0062685_11174191.jpgc0062685_11173561.jpg


c0062685_1117292.jpgc0062685_11172510.jpg


c0062685_1117966.jpgc0062685_11174510.jpg


くぐって、登って、ぶら下がって、駆け回って、大はしゃぎ・・・汗びっしょり。



カフェも新しくおしゃれな感じになっていました。

ゴミ箱が主張しすぎ?色も大きさも数も・・・
白い椅子の存在が引き立たないと思うのは私だけですか?

もっとスッキリ出来そうなのに。

c0062685_11184046.jpg



アイスも美味しかったです。ソフトクリームも美味。


c0062685_11183099.jpgc0062685_11184177.jpg


ミュージアムショップでちょっと買い物して帰路へ・・・

途中小田原で干物を買って夕飯のおかずに。小田原から渋滞なく1時間。
平日のサクッと旅でした。
[PR]
# by tougei-mutsuki | 2012-09-12 11:58 | 暮らしのこと

来月10月5日〜東京国立の「黄色い鳥器店」にてグループ展があります。
現在製作中〜!
よかったらぜひいらしてくださいね!


*********************************************



そんな忙しいさなかですが、ゆく夏を惜しむべくどこかへ旅したい・・・でも泊まりは無理・・・。
なのでサクッと箱根。日帰り旅です。

c0062685_1037160.jpg




落ち着きのない4歳児のいる我が家は素敵なホテルのダイニングでゆっくりランチして〜とかは無理。美味しい食事とかはもう二の次。(だからキャンプばかりになっちゃうのですが)


箱根といえば芦ノ湖。
ロープウェイと海賊船のコンビで安くなるという思い切りベタな観光プランを選択。

こんなお決まりの観光写真も楽しんで。


c0062685_1038166.jpgc0062685_10383772.jpg


芦ノ湖。何回来たかな・・・
富士山と鳥居の組み合わせが鉄板ですが、あいにく空は雲が厚くて富士山は拝めませんでした。
前回の富士吉田も富士山見られずでしたが、なかなか富士山って難しい。

早雲山駅に車を停めて(無料)ロープウェイで24分。芦ノ湖へ。そして海賊船に乗りました。
箱根町へ着いて食事・・・なんだかな。って感じで終了。いわゆる観光客向けでした。

c0062685_10482836.jpg



でもいいのだ。食事は二の次なんだから。(今は)


箱根といえばここ。
「彫刻の森美術館」です。

何回来たかな〜。でも多分15年以上ぶり。


c0062685_1061687.jpg




子供のための遊具&アート作品が増えていたような気がします。
これはしゃぼんだまみたいな作品で中に入って遊べます。こどもはおおよろこび!


c0062685_1052016.jpgc0062685_1045749.jpg

c0062685_1044449.jpgc0062685_1053937.jpg



変わってないのはステンドグラスの塔。フーフーいいながら屋上まで登る。情けない。



c0062685_1004496.jpgc0062685_1091465.jpg




子供の頃、家族で来たときのこと、。
3姉妹の真ん中の妹が「すっごく面白いのがあったよー!来て!面白いんだから〜!」といいながら走って私を連れてアート作品をくぐって入ろうとして入り口に額を強打。流血・・・・という事態に。
そのまま家族で箱根の診療所に向かう・・・という思い出が。

その「すっごく面白い」のを私は見る事が出来なかったわけで、あれはどうなったんだろう?
キケンだからなくなっちゃったのかな〜・・・



c0062685_1075827.jpgc0062685_1061911.jpg




やっぱりここはいいなあ。なんか好き。



c0062685_1064432.jpgc0062685_9594482.jpg

[PR]
# by tougei-mutsuki | 2012-09-11 14:33 | 暮らしのこと
四万十源流からの帰りみち。
久礼という港町に寄ってみました。

c0062685_13243433.jpg


キャンプのおじさんM-factoryの浜田さんの家でごちそうになった「くれ天」がすごーーく美味しかったのです。

それがここ「大正町市場」で買えるとのこと。

レトロな雰囲気のちいさな市場。
新子と呼ばれるカツオの稚魚の時期だそうで、それを目当てに訪れる人も平日昼間なのにたくさんいました。


c0062685_13252147.jpgc0062685_13254470.jpg



まずはところ天。

高知のところ天は鰹の出汁がきいててすごく美味しいです!
関東の酢が利いたカラシ&青のりのしか食べた事なかった私はちょっとカルチャーショックでした。
しっかりした出汁の味でしょうがと青みかんの皮でさっぱり!なんて美味しいの!

クーラーボックスにいれて大量にお持ち帰りしました!


c0062685_1327142.jpgc0062685_1326228.jpg


ちいさなクラゲにみとれて動けなくなるヒト・・・

c0062685_13273830.jpgc0062685_13275816.jpg



市場はさすが港町だけあって、魚がたくさん。
すこし買いましたが干物も安くて美味しかった!塩加減のちょうどいい事。

c0062685_13285520.jpgc0062685_13352980.jpg


カツオもたくさん。やはり県民食! 高知のカツオのタタキはほんと美味しいです。

c0062685_13293919.jpgc0062685_13302424.jpg


そしてここが「くれ天」のお店です。岡村かまぼこ店創業70年になる老舗です。

このくれ天。甘すぎず、くどくなく、ふわふわしすぎず、なんとも美味しい。防腐剤や卵白なども入っていないそうです。すっかり虜になった私はこれをまたたくさんお買い上げ!
クーラーボックスに氷をたくさんいれてもらってお持ち帰りしました。

c0062685_13313526.jpgc0062685_13313290.jpg


くれ天一枚70円。なんて安いの。
フライパンで軽くあぶって食べると美味しいです。
[PR]
# by tougei-mutsuki | 2012-08-30 14:14 | 暮らしのこと
今年も行ってきました。 夫の故郷、高知へ・・・

最近はずっとキャンプ道具を詰め込んだ車で長距離ドライブで帰るのですが、去年は最悪22時間を経験したので、今年はどうかな・・・・とヒヤヒヤものでした。出発は8/12の日曜日。

でもフタを開けてみたら案外スムーズ。余裕で休憩はさみながら10時間くらいで到着しました。
新東名の効果もあるかも!


c0062685_11522045.jpg



いつもジリジリ照りつける太陽に「やっぱり南国土佐の日差しはちがうねー一瞬で焦げる」と感じるのですが、
今年はついてからずっと雨でした。
キャンプの予定の日になっても降ったりやんだり・・・

キャンプは無理かな・・・雨だとテント張れないし乾かせないしね・・・


c0062685_11521651.jpgc0062685_11523859.jpg



でも夫の竹馬の友でいつも一緒にキャンプしている「キャンプのおじさん」でバイク屋のおじさんがあれこれ電話してバンガローを予約してくれました。キャンセルが急にあったとのこと。ラッキーでした。



c0062685_11524357.jpgc0062685_11525037.jpg



四万十川の源流にあるその名も「四万十源流の家」というキャンプ場。
高知市内から高速で1時間半くらいでした。

源流の家はバンガローでキャンプもできますが、旅館にもなっていて、なんとお風呂もある〜♪
これはほんと嬉しいことでした。いつも過酷なキャンプでトイレも虫だらけのボットン式(涙)
水洗のトイレでも延々夜道を歩いて行かなければならない(涙)などはあたりまえ。
お風呂などは夜暗くなってから水浴び(冷)
私も長年文句も言わずつき合ってたけどえらいわ。

我々も年取ったねえ・・バンガロー&お風呂のキャンプなんて!
楽がいちばん!なんて。

20代の頃はテント張って片付けてを繰り返しながら北海道をキャンプで旅した事もありました。楽しかったけど、今は・・もうやだなー(笑)


c0062685_11531469.jpgc0062685_11533100.jpg


四万十川の源流は・・・すごーい湿気でした(笑)

やはり南国土佐。山に登ってもさわやかな高原の風〜というわけにはいかないです。
あちこちからしみ出した水分が流れになって大河へ・・・
そのしみ出す水分が大気中に立ち込めてる感じ。地面は苔に覆われてジクジクしてました。

カエルもたくさんいました。蛇も・・・

c0062685_1153949.jpgc0062685_11533723.jpg


冷たい川に潜って遊ぶ。
いつもは夫たちが魚突きのヤスで突きまくって鮎やあめごを獲ってくれるのですが、(獲ったど〜!的に)
今年はヤスの持ち手のゴムが切れて早々にリタイヤ。ただ水に潜ってあそぶのみ・・・。

1年に1回しかできないので楽しみます。もちろん私も!

息子は浅い流れで魚とり。それで十分ご機嫌です。
[PR]
# by tougei-mutsuki | 2012-08-30 12:41 | 暮らしのこと
教室の生徒さんに教えてもらうことは多々ありますが、またいい事を教えていただきました。
グレステンの包丁は使いやすいわよ〜とのこと。

ちょうど浦和の伊勢丹にグレステンのお店が来ていたので教室の帰りちょっと行ってきました。

店先のデモで置いてある大根やきゅうりを切らせてもらえるのですが、あまりの切れ味の良さに止まらずタタタタ〜と全部千切りしてしまいました。

c0062685_14184284.jpg


小さめのの一本買いました。
ほんとに使いやすいです〜!刃の面に施してあるナミナミのおかげできゅりもくっつかずにタタターっと輪切りできます。いつもは切ってると何枚かは床に転がり落ちてしまって拾って洗って・・なんてやってましたが、もうそんな心配なし。一枚も落ちません。

c0062685_14181816.jpg


タマネギの薄切りもぜんぜん目にしみない。
いままで切れない包丁だったんだなー・・・。
目にしみるようになったら研ぎに出すタイミングだそうです。

いい買い物でした。Mさん!ありがとうございまーす^^
[PR]
# by tougei-mutsuki | 2012-07-29 14:21 | 暮らしのこと
c0062685_1103615.jpg


7月のはじめ。館山にパパの釣りのお供に行きました。
曇りで釣りにはちょうどいいと思っていたのにまあなんと快晴。

初めての海
c0062685_112244.jpg


青い空
c0062685_10594724.jpg


貝を拾ったり
c0062685_111195.jpg


蟹を追いかけたり
c0062685_11121966.jpg


足でちゃぷちゃぷしたり
c0062685_113062.jpg


いろいろ楽しかったようです。
c0062685_10584799.jpg


館山。自宅からアクアラインを通って1時間半。綺麗な海でした。

地元の鮮魚を食べて帰る予定が車に乗ったら息子が爆睡。店に着いても絶対起きない。
あきらめて帰路に着きお土産に買った干物で自宅ごはん。

え。釣果?・・(笑)
[PR]
# by tougei-mutsuki | 2012-07-24 11:23 | 暮らしのこと
生徒さんの還元窯作品パート2です。
絵付けの作品もとてもよい出来上がりでした。


ロクロで作ったポットの出来上がりも素晴らしかったですが、この蕎麦猪口の絵付けもとても素敵です!

c0062685_17372619.jpgc0062685_17374998.jpg


手びねりで作った飯椀やどんぶり。板作りの小皿のいろんな絵付け。
「絵心ないから絵はちょっと・・・」って皆さん言いますが、一度描き始めるととまらない!ってこと多々あります(笑)楽しいですよ絵付け。


c0062685_1749297.jpgc0062685_1738330.jpg




左:ロクロ成型のゆのみに鉄絵のとうがらし。
「絵の描けなさに自信なくした」とおっしゃってましたがほら〜!焼けてみたらなんとも味わいあっていいですよ。

右:手びねりの湯のみ。白化粧して書き落とし。すごくキュートな表情になりました。

c0062685_17383673.jpgc0062685_1738914.jpg



左:ロクロの作品。「見本代わりにいろいろ掛けてみる」ということでいろんな釉薬をシンプルに。
右:これも大人気の緑釉をかけたコーヒーカップ。カタチがなんとも可愛いです。

c0062685_17381440.jpgc0062685_17415422.jpg


青い色が好きなこのかた。絵付けものびのびと。とても素敵に出来ましたよ。

c0062685_17393714.jpgc0062685_1883396.jpg



絵付けの上手なこちらの方。和紙を使って型染め。

c0062685_1739960.jpgc0062685_18121394.jpg


こちらは体験の方の作品。皆さん上手にできていますよ。

c0062685_1740086.jpg

[PR]
前回の還元焼成が去年の年末だったので約半年ぶりの還元の窯・・・。それだけに窯はギュウ詰めでした。

生徒の皆さんも「これはさっぱりさせたいので酸化で」とか「味を出したいから還元」とか「絵付けはやっぱ還元ですよね」とか最近は作品のねらいに合わせて酸化と還元の焼き方をチョイスしたりも出来るようになってきました!

窯のニクロム線の耐久性のために酸化の窯3に対して還元1くらいの頻度がいいそうで、還元は3〜4ヶ月に1度という事になってしまいます。それだけに待ち遠しい還元の窯出し。


生徒さんの作品紹介です。


左:ひも作りで筒に成型してから板でたたいて6角形にした花器。実は素焼き時に底が取れてしまうという事態になったのですが、釉薬でくっつけた!うまくくっついてよかったーー!

右:緑釉が渋くて素敵なドラ鉢。板作りなのにまるでロクロ作品のよう!

c0062685_16333537.jpgc0062685_16332462.jpg



左:緑釉をすこし掛け残して細く焼きしめ部分を見せてアクセントにした長皿。と輪花鉢。
品よく出来上がりました。

右:酸化で人気の白いうのふ釉も還元で焼くと深みがでて民芸調になります。
スープによく似合う温かみがでましたね。


c0062685_16322665.jpgc0062685_16323667.jpg



手びねりの飯椀。てびねりの優しい表情に大胆な鉄絵の線がよく似合っています。浅めの飯椀なので小鉢としても便利そう。

c0062685_16311456.jpg



左:手びねりで作ったオーバル型の大鉢。薄いマット釉も還元炎で微妙に色づきいい色になっていました。果物などのせても見栄えがしそうです。手前はコーヒーカップ。白化粧をして書き落としをして模様をつけました。つるんとした釉薬で使いやすそう。

右:取っ手のかたちが可愛いスープ皿。緑釉が渋くてこれもスープを引き立てそうで、いいチョイスでしたね。

c0062685_1629188.jpgc0062685_16313839.jpg




足付きの細長い板皿。緑釉が和の雰囲気をだしてますね。出汁巻き玉子に大根おろし・・とか似合いそう!
両サイドをちぎってラフな感じをだしているところがニクいです。

c0062685_16335825.jpg

[PR]
# by tougei-mutsuki | 2012-07-20 17:27 | 睦月の工房風景
教室の生徒さんに教わった「ふりかけ」のレシピ。
マクロビオティックの教室に通っていたときに教えてもらったレシピだそうです。

雨の日曜日。いつもの公園&お散歩が免除になり(雨ありがたい)時間があるので作ってみました。


c0062685_16202222.jpgc0062685_16194454.jpg


材料は3つ。かぼちゃの種、青のり、ゆかり。
それをフードプロセッサでガーするだけです。

わたしはバーミックスにつける簡易式フープロでガー。

分量は適当に・・・私はかぼちゃの種カップ2/3、青のり大さじ2、ゆかり小さじ1くらいでやってみました。


c0062685_1620925.jpgc0062685_1620262.jpg


これものすごーく美味しいです!

かぼちゃの種の油分がまったりといいコクになり、青のりの風味とゆかりの塩味がいい感じです。

息子に味見をさせたら「もっと」「もっと」ととまらない!
いそいでおにぎりを作ってまぶして食べさせました。
ぺろり3つ完食〜。


c0062685_16194740.jpgc0062685_16192711.jpg



写真はないですが、パスタにからめても美味しかったです。
ふつうにペペランチーノを作ってふりかけをからめました。
ちょっとかぼちゃの種のコクがジェノベーゼソースの松の実みたいでぜんぜん違和感なし!

ナッツは健康にも美容にもよさそうだし嬉しいな〜
教えてくれたK子さんありがと〜〜♪
[PR]
# by tougei-mutsuki | 2012-07-01 16:43 | 暮らしのこと
酸化炎の窯だしました。
季節柄か今回はトルコブルーの釉薬が多かったです。

窯出してすぐ写真を撮ろうと思っていたのに、電池ぎれ^^: 充電器は自宅に忘れ充電できず。
そうこうしているうちに皆さん作品を持って帰ってしまいました。残念〜

まだ工房にあった作品だけ撮らせてもらいました。


左:板皿。たたら作り。涼しげな和菓子・・・水ようかんとか似合いそうですね。
右:ちいさなピッチャーです。手びねりでつくっていらっしゃいました。
手びねりでも丁寧につくれば電動ろくろに負けません。

c0062685_17521643.jpgc0062685_1752274.jpg



左:これもトルコブルーの釉薬です。きままな感じというかきっちりしすぎていないカタチがいいです。
右:これは一日体験の方たちの手びねりの作品です。皆さんすごく上手に出来ています。

c0062685_17514443.jpgc0062685_17482574.jpg



左:しのぎを入れたサラダボールです。こちらも手びねり。丁寧に入れたしのぎがいい感じです。
右:同じ方の作った鉢です。外側と内側を掛け分けしました。

c0062685_17512322.jpgc0062685_1751111.jpg



左:ワンコ君のためにとつくっていらした鉢。たたら作りで。
右:アップ。ふちに施した模様に鉄がにじんでいい感じです。ちょっとしたことでオリジナル感がでますね。

c0062685_17505050.jpgc0062685_17502762.jpg



左:すてきに仕上がった鉢。石膏型で作って歪ませたフォルムがとても綺麗ですね。
右:アップ。すこし口元に鉄を施してアクセントに。こちらのお方の作品です!

c0062685_1750136.jpgc0062685_17492756.jpg



こちらもjunkoさんの作品。たたらに切った粘土を塩ビ管に巻き付けてつくったボディに小さな取っ手をつけて。黒い釉薬に変化をつけるために口元だけ別の釉薬を二重掛けしています。
格調高くできましたね!

c0062685_17484832.jpg




あとは私の作品です。
いつもの黒×白の掛け分けですが、カタチを丸くしました。湯のみでもスープでも・・・。

c0062685_17474791.jpgc0062685_1747237.jpg


定番の蚊取り線香入れも。

c0062685_17482196.jpg



あと小さめの鉢など。

c0062685_1323647.jpg

[PR]
# by tougei-mutsuki | 2012-06-27 13:27 | 睦月の工房風景
富士吉田のキャンプ2日目。結局空模様はくもりがちで景色を楽しむ感じにはならず・・・

西湖、河口湖、を眺めながらドライブ。山中湖へ行って白鳥さんのボートでも乗ろうか(子供のため)
といいながら走っていて偶然みつけた「さかな公園」。

夫が行きたいなーと言うので入ってみました。

c0062685_1333428.jpgc0062685_13341129.jpg



山の中の水族館。淡水魚ばかりです。

ロビーの水槽がなんかきれい。上から見たり横からみたり出来るんですね。
この水槽が階段で階下に降りていくといわゆる水族館のおおきな水槽になるわけです。


c0062685_13342185.jpg




魚の写真って難しい。ほとんどボツ。

c0062685_13344854.jpg


c0062685_13415490.jpg



庭には子供の遊具(変わった滑り台など)もあったりして結構遊べました。
わざわざめざして行くほどでもないけど、近くをとおったら寄ってみてもいいかもしれません。
[PR]
# by tougei-mutsuki | 2012-06-27 13:22 | 暮らしのこと