あたらしくスタート

いよいよ4月から睦月再スタートとなりますが、
お知らせが遅くなってすみませんでした。
思いのほか工事に手間取り、片付けるのがやっと・・・。

c0062685_14155965.jpg


いままでやっていたDIYの数々・・・。

♦ろくろ周りに棚を吊り、各自の長板を置く台を制作。壁がコンクリートのため、作業難航。
♦作った粘土作品を乾かすための棚の制作。足場パイプを組んで作った。材料は軽トラを借りて運ぶ・・・。
♦いろいろな道具や石膏型を置くための棚の制作。全部で5つ作った。ホームセンターで2×4の木材を大量購入。
♦入り口まわりに置く棚を制作。(自宅の床のパイン材のあまりを流用)白く塗装。
♦お茶のテーブルを制作。近所のお屋敷の取り壊しの時に貰っておいた栗の床材をつなぎ合わせて天板に。脚は木製のワゴンを切って台にした。
♦いままでより工房が格段に狭くなったため作業台のサイズを小さくした。電動丸ノコで周囲をカット。紙ヤスリで丁寧に仕上げ。
♦同じく作業台の脚をカット。天井が低くなり圧迫感があるため。
♦低くなった台にあわせて椅子の脚をカット。学童椅子の鉄パイプを切るのに難航!8脚32本切る。
♦扉付き収納庫を制作。扉は近所のエステサロンの外壁の杉材をいただき使用。
♦コンクリートの隙間をモルタルで埋める。左官仕事。
♦換気扇の取付け。ネットで買って自分で取付け。案外簡単!
♦ペンダントライトの取付け。コードを買って接続。
♦瀬戸にいた頃から持っている木箱を白くペイントし直す。
♦工房入り口の木戸をペイント。はじめ黒にしてみたけどグレーに変更した。

ざっとこんな感じで実に4〜5ヶ月もかけてコツコツやってました。
と書くとびっくりするくらいのんびりペースですが、
朝8時半に家を出発。9時半に息子を保育園に送り届け、工房に到着してから保育園に4時半に迎えにいくまであっというまの作業時間でした。
そのあと5時半くらいまで実家で息子とテレビをみながら遊んでおやつを食べさせて車で1時間かけて自宅へ。それからご飯を作って食べさせお風呂。パパの帰宅は10時くらいでそれから料理と片付け。息子を寝かしつけるのはもう11時をまわっている(1才半なのに)・・・という感じの毎日です。

工房にいて作業してると、ホントに1日あっという間。
もっと仕事していたい。と思いつつ、数時間ぶりに息子に会えるのも嬉しかったりして。^^

まだまだ工房は完成とはいかなくて、今後も手を入れながらやっていく感じになると思います。
そして早く肝心の焼き物を始めなくっちゃ!



睦月のHPはこちら
[PR]
by tougei-mutsuki | 2009-03-31 12:42 | 睦月の工房風景