人気ブログランキング |

2019年 12月 還元焼成

またまたお久しぶりです。
日常のあれこれはInstagramに記しています。
ブログは生徒さんの作品集としています。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



12月の酸化焼成と還元焼成の記録

0作ちゃんの作品。酸化焼成。
型で作ったリム皿のリムの部分に
イッチンで模様をつけて。
白く粒子の細かい粘土で作ったので、釉薬の白も映えて上品な仕上がりです。
2019年 12月 還元焼成_c0062685_23211187.jpg




Y成さんの作品。酸化焼成。
これは、天ぷら用の網を中において使う器です。
天ぷらをさくっと保ちながらテーブルに出してもおかしくない。という栗原はるみさんのアイディアグッズで、
はるみさんのショップで網だけ購入し、外側の器を陶器で作りました。

ステンレスの網を計測し、収縮率を計算して作ります。
(網はぴったり入ったそうです。あとで美味しそうな天ぷらの乗った写真を送ってくれました^^)
大小あります。

九州に転居する直前の忙しい時期に、何度も来てたくさん作って行きました。
ほんと頑張りました。
いい感じに焼けてよかったです!
2019年 12月 還元焼成_c0062685_23224568.jpeg






T本さんの象嵌の作品です。還元焼成。

ろくろで成形。
模様を線彫りし、白化粧土を押し込み少し乾いたら、はみ出した白化粧を削って模様を出します。
白化粧を削って模様をだすところが最大の楽しいポイントです。

イチジクの模様がなんともおっとりした感じで可愛いですね。

還元のかかったマット釉に土味がしみ出ていい雰囲気が出ました。
2019年 12月 還元焼成_c0062685_23232921.jpeg
2019年 12月 還元焼成_c0062685_23240839.jpg




M山さんの作品
型を使った輪花鉢です。酸化焼成。

2色の粘土で作って同じ釉薬を掛けています。
色の濃い土のものは少しピンクに発色しています。

時間をかけて丁寧にいつも作るM山さん。
そのためいつも仕上がりが歪みなく綺麗です。
2019年 12月 還元焼成_c0062685_23221560.jpeg




M田さんの象嵌作品。還元焼成。
たたらを筒に巻きつけて作った花瓶と、ろくろ成形の皿。
両方とも象嵌を施しています。

両方とも白い粘土で成形し、文様を彫りそこへ赤土を埋め込んで削っています。
かけた釉薬が違うので、異なった色に発色しています。

なんでも「とりあえずやってみよう!失敗は失敗で勉強!」というメンズ会員のM田さん。
ポジテイブになんでもやってみる姿勢そのまま、腕がどんどん上がっています。
2019年 12月 還元焼成_c0062685_21295613.jpeg





同じく、M田さんの作品。還元焼成。
ろくろで成形して、飛びガンナを施しています。

白化粧を帯状に塗った素地に、丸く曲がった鉄のカンナを当てて、
先をはずませて模様を刻む技法です。
九州の小鹿田焼などで用いられる技法です。

シンプルながら温かみのある装飾で、とても素敵に仕上がりました。

バネが弾むのが面白くてついやりすぎて、
しつこくなってしまう飛びカンナをちょうどいいところで止めるのがキモです。
2019年 12月 還元焼成_c0062685_23370031.jpeg
2019年 12月 還元焼成_c0062685_23372772.jpeg






I藤さんの作品。還元焼成。
こちらも象嵌の作品です。

今、教室では象嵌がブームなのです笑

こちらもろくろで成形した大皿に象嵌。
赤土で作り、模様を施し白い粘土(白化粧ではなく)を埋め込んで表面を削って
模様を出しています。

一見何の柄かな?と思いますがアサガオの模様です。
とても素敵な作品だと思います。
2019年 12月 還元焼成_c0062685_23353503.jpeg
2019年 12月 還元焼成_c0062685_23355183.jpg






同じくI藤さんの作品。還元焼成。
こちらは釉抜きをして模様をつけています。

メンズ会員のI藤さん。
ちょっとポップな柄なのですが、釉薬が還元焼成で渋く土味が出たので
ラブリーすぎずいい感じに仕上がりました。
2019年 12月 還元焼成_c0062685_23310386.jpeg





I原さんの作品。還元焼成。
手びねりで制作したご飯茶わん。
見込みにちょこっとだけ呉須で絵を描きました。

3人の娘さんのために作ったご飯茶わん。

可愛いのんびりした絵がご飯を食べ終わって現れるなんて、
ほっこりしてしまいますね。
2019年 12月 還元焼成_c0062685_23290688.jpeg


と、今日はここまで。
残りはまたアップしまーす。




























by tougei-mutsuki | 2020-01-13 18:32 | 睦月の工房風景