人気ブログランキング |

生徒さんの作品 2019年 

半年ぶりに一気にアップしています。
2019年の酸化焼成と還元焼成です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



I上さんの作品
手びねりで作った湯のみ3つ。しのぎを入れています。

手びねりがとても上手なI上さん。
しのぎもいれて、ますます可愛い感じになりました。
生徒さんの作品 2019年 _c0062685_22442259.jpg






A川さんのちいさなココット。
ちょっと可愛い模様をいれました。

マスキングテープで形を抜いてから、別の釉薬を筆で塗っています。
すこし盛りがすくなかったので発色がそこまでではありませんが、十分かわいい。
とても面白く出来ました。
生徒さんの作品 2019年 _c0062685_22440742.jpg






S本さんの作品。お皿。酸化焼成。

板状にスライスした粘土を型紙で切りとり、石膏型に押し当てて作ったお皿ですが、
お皿のうらに紐作りで高台を付けたお皿。(付け高台といいます)

高台があると器の裏に釉薬がかけられるので、カビたりしにくいし、形も変形しにくいメリットがあります。

顔料で花の文様を描いて。
絵付けをするとオリジナルの器になります。
生徒さんの作品 2019年 _c0062685_22443565.jpeg




M上さんの作品。
小皿いろいろ。酸化焼成。

型作りで成形。白化粧を施したあとに模様を尖った道具で彫っています。
図案は刺繍のテキスト(樋口愉美子さん著)から。

筆で描くより、彫ったほうが図案を細かく再現できるので上手くいく場合が多いし、
線を彫るのはとても楽しい作業です。
生徒さんの作品 2019年 _c0062685_22444814.jpg




I原さんの小皿。酸化焼成。
変形の楕円型の型紙で粘土板を切り、石膏型でカーブを付けました。

線やドットに釉薬を抜いて。
ドットは事務用品のシールです^^
ちょっとしたことで可愛くなります。
生徒さんの作品 2019年 _c0062685_22453470.jpeg



I原さんの角皿。酸化焼成。
板状にした粘土板を組み立てて作ります。
それぞれのパーツは断面を45度カットして接着していますので、
組み立てた線が出ず、綺麗に仕上がります。

お正月に使ったら良さそうな上品な雰囲気に仕上がりました。
生徒さんの作品 2019年 _c0062685_22452168.jpeg
一気に3連続でアップした作品集。
2020年はもう少しこまめに行きたい!と思います〜



by tougei-mutsuki | 2020-01-14 21:30