カテゴリ:睦月の工房風景( 67 )

自分でやきものを始める前から、器が好きでよく買っていました。今は友人に陶芸家が多いので作品展などに行くと購入します。工房の食器の棚はそんな食器たちを置いています。いろんな作風のうつわがあるので生徒さんの作陶の参考にもなるみたいです。 
 
c0062685_11371112.jpg

[PR]
うちの工房は工場の倉庫だったところなので、もともと工場にあったものも譲り受け、利用する事ができました。写真のパーテーションにしているのは倉庫の荷物の下に敷いていたスノコ。スチール製の棚にボルトとナットでスノコを取り付けた。そして白く塗装。もちろん、自分で工事しました。コツコツと・・・。

c0062685_22575449.jpg奥に見えるのはガス窯。

c0062685_2315719.jpg奥の窯が見えないようにスノコを立てかけている。


[PR]
c0062685_10272747.jpgたしか学習塾かなにかを取り壊すということで、友人がせしめてきて私にくれた時計。大事に使わせてもらってる。

c0062685_10273879.jpg気に入ってるのでアップで。
 
c0062685_10375732.jpg石膏の型。瀬戸にいたときは、よく道の端に使わなくなった鋳込み用の石膏型が捨ててあったので、よくそれを拾ってきては削って、タタラ用の型にしていました。今では小さい型はコンビニのお弁当のプラスチックに流し込んだりしてつくっています。

[PR]
c0062685_1282861.jpgギャラリーからのDMは、写真も素敵なものが多く、届くととてもたのしいものです。画面上の三角の立体は、新しく出来た(9年ぶり再オープン)FUDOKIというギャラリーの案内状。


c0062685_1284758.jpg三角をほどいてみると・・・こんな感じ。

[PR]
c0062685_22591452.jpg細長の花器。花壇のアイビーを。アイビーは冬枯れしないのでとても便利。

c0062685_2259596.jpgペンキで白く塗った家具に。手前の石は静岡の美保の松原で拾ったもの。

[PR]
陶芸教室の看板が傷んでしまったので、作りかえた。文字は小さく書いたものを拡大コピーしてカーボン紙でトレース。こんな時昔学校で使っていたからす口が役に立つ。からす口でアウトラインを描き筆でぬりつぶす。レタリングは案外楽しい作業。パソコンが普及する前はなんでもこんな風にやるのがふつうだったな・・・。


c0062685_10465774.jpg

切ったり、


c0062685_10473182.jpg

書いたり・・・



[PR]
c0062685_2337439.jpg
 これは、友人の作った天使の人形です。ほのかな光に包まれておごそかな雰囲気。後ろの窓の桟もなんだか十字架にみえるような・・?
[PR]