<   2012年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

教室の生徒さんに教えてもらうことは多々ありますが、またいい事を教えていただきました。
グレステンの包丁は使いやすいわよ〜とのこと。

ちょうど浦和の伊勢丹にグレステンのお店が来ていたので教室の帰りちょっと行ってきました。

店先のデモで置いてある大根やきゅうりを切らせてもらえるのですが、あまりの切れ味の良さに止まらずタタタタ〜と全部千切りしてしまいました。

c0062685_14184284.jpg


小さめのの一本買いました。
ほんとに使いやすいです〜!刃の面に施してあるナミナミのおかげできゅりもくっつかずにタタターっと輪切りできます。いつもは切ってると何枚かは床に転がり落ちてしまって拾って洗って・・なんてやってましたが、もうそんな心配なし。一枚も落ちません。

c0062685_14181816.jpg


タマネギの薄切りもぜんぜん目にしみない。
いままで切れない包丁だったんだなー・・・。
目にしみるようになったら研ぎに出すタイミングだそうです。

いい買い物でした。Mさん!ありがとうございまーす^^
[PR]
by tougei-mutsuki | 2012-07-29 14:21 | 暮らしのこと
c0062685_1103615.jpg


7月のはじめ。館山にパパの釣りのお供に行きました。
曇りで釣りにはちょうどいいと思っていたのにまあなんと快晴。

初めての海
c0062685_112244.jpg


青い空
c0062685_10594724.jpg


貝を拾ったり
c0062685_111195.jpg


蟹を追いかけたり
c0062685_11121966.jpg


足でちゃぷちゃぷしたり
c0062685_113062.jpg


いろいろ楽しかったようです。
c0062685_10584799.jpg


館山。自宅からアクアラインを通って1時間半。綺麗な海でした。

地元の鮮魚を食べて帰る予定が車に乗ったら息子が爆睡。店に着いても絶対起きない。
あきらめて帰路に着きお土産に買った干物で自宅ごはん。

え。釣果?・・(笑)
[PR]
by tougei-mutsuki | 2012-07-24 11:23 | 暮らしのこと
生徒さんの還元窯作品パート2です。
絵付けの作品もとてもよい出来上がりでした。


ロクロで作ったポットの出来上がりも素晴らしかったですが、この蕎麦猪口の絵付けもとても素敵です!

c0062685_17372619.jpgc0062685_17374998.jpg


手びねりで作った飯椀やどんぶり。板作りの小皿のいろんな絵付け。
「絵心ないから絵はちょっと・・・」って皆さん言いますが、一度描き始めるととまらない!ってこと多々あります(笑)楽しいですよ絵付け。


c0062685_1749297.jpgc0062685_1738330.jpg




左:ロクロ成型のゆのみに鉄絵のとうがらし。
「絵の描けなさに自信なくした」とおっしゃってましたがほら〜!焼けてみたらなんとも味わいあっていいですよ。

右:手びねりの湯のみ。白化粧して書き落とし。すごくキュートな表情になりました。

c0062685_17383673.jpgc0062685_1738914.jpg



左:ロクロの作品。「見本代わりにいろいろ掛けてみる」ということでいろんな釉薬をシンプルに。
右:これも大人気の緑釉をかけたコーヒーカップ。カタチがなんとも可愛いです。

c0062685_17381440.jpgc0062685_17415422.jpg


青い色が好きなこのかた。絵付けものびのびと。とても素敵に出来ましたよ。

c0062685_17393714.jpgc0062685_1883396.jpg



絵付けの上手なこちらの方。和紙を使って型染め。

c0062685_1739960.jpgc0062685_18121394.jpg


こちらは体験の方の作品。皆さん上手にできていますよ。

c0062685_1740086.jpg

[PR]
前回の還元焼成が去年の年末だったので約半年ぶりの還元の窯・・・。それだけに窯はギュウ詰めでした。

生徒の皆さんも「これはさっぱりさせたいので酸化で」とか「味を出したいから還元」とか「絵付けはやっぱ還元ですよね」とか最近は作品のねらいに合わせて酸化と還元の焼き方をチョイスしたりも出来るようになってきました!

窯のニクロム線の耐久性のために酸化の窯3に対して還元1くらいの頻度がいいそうで、還元は3〜4ヶ月に1度という事になってしまいます。それだけに待ち遠しい還元の窯出し。


生徒さんの作品紹介です。


左:ひも作りで筒に成型してから板でたたいて6角形にした花器。実は素焼き時に底が取れてしまうという事態になったのですが、釉薬でくっつけた!うまくくっついてよかったーー!

右:緑釉が渋くて素敵なドラ鉢。板作りなのにまるでロクロ作品のよう!

c0062685_16333537.jpgc0062685_16332462.jpg



左:緑釉をすこし掛け残して細く焼きしめ部分を見せてアクセントにした長皿。と輪花鉢。
品よく出来上がりました。

右:酸化で人気の白いうのふ釉も還元で焼くと深みがでて民芸調になります。
スープによく似合う温かみがでましたね。


c0062685_16322665.jpgc0062685_16323667.jpg



手びねりの飯椀。てびねりの優しい表情に大胆な鉄絵の線がよく似合っています。浅めの飯椀なので小鉢としても便利そう。

c0062685_16311456.jpg



左:手びねりで作ったオーバル型の大鉢。薄いマット釉も還元炎で微妙に色づきいい色になっていました。果物などのせても見栄えがしそうです。手前はコーヒーカップ。白化粧をして書き落としをして模様をつけました。つるんとした釉薬で使いやすそう。

右:取っ手のかたちが可愛いスープ皿。緑釉が渋くてこれもスープを引き立てそうで、いいチョイスでしたね。

c0062685_1629188.jpgc0062685_16313839.jpg




足付きの細長い板皿。緑釉が和の雰囲気をだしてますね。出汁巻き玉子に大根おろし・・とか似合いそう!
両サイドをちぎってラフな感じをだしているところがニクいです。

c0062685_16335825.jpg

[PR]
教室の生徒さんに教わった「ふりかけ」のレシピ。
マクロビオティックの教室に通っていたときに教えてもらったレシピだそうです。

雨の日曜日。いつもの公園&お散歩が免除になり(雨ありがたい)時間があるので作ってみました。


c0062685_16202222.jpgc0062685_16194454.jpg


材料は3つ。かぼちゃの種、青のり、ゆかり。
それをフードプロセッサでガーするだけです。

わたしはバーミックスにつける簡易式フープロでガー。

分量は適当に・・・私はかぼちゃの種カップ2/3、青のり大さじ2、ゆかり小さじ1くらいでやってみました。


c0062685_1620925.jpgc0062685_1620262.jpg


これものすごーく美味しいです!

かぼちゃの種の油分がまったりといいコクになり、青のりの風味とゆかりの塩味がいい感じです。

息子に味見をさせたら「もっと」「もっと」ととまらない!
いそいでおにぎりを作ってまぶして食べさせました。
ぺろり3つ完食〜。


c0062685_16194740.jpgc0062685_16192711.jpg



写真はないですが、パスタにからめても美味しかったです。
ふつうにペペランチーノを作ってふりかけをからめました。
ちょっとかぼちゃの種のコクがジェノベーゼソースの松の実みたいでぜんぜん違和感なし!

ナッツは健康にも美容にもよさそうだし嬉しいな〜
教えてくれたK子さんありがと〜〜♪
[PR]
by tougei-mutsuki | 2012-07-01 16:43 | 暮らしのこと