<   2013年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

c0062685_1558373.jpg


トマトが美味しくなってきました。

うまみの強い熟したトマトがあったら作るこんなジュース。
以前NHKの朝イチかなぁ、テレビでやってました。

トマトを丸ごとおろし金でおろして塩少々とオリーブオイルをいれるだけ・・・

おろし金でおろすのがポイントです。果肉がのこるかんじ。
ミキサーでガーってやると空気がはいりすぎてなんか違うんです。

暑い夏の朝にはいいですよ!


jeudiさんのようにていねいに漉して口当たりよくするとおもてなしにもいいですね!
[PR]
by tougei-mutsuki | 2013-06-27 09:27 | 暮らしのこと
c0062685_11443066.jpg


前の記事でのせたバッグを掛けてあるコートハンガー(?)というのかな、壁付けの4連フック。

これ、夫が作ったものなんですよ☆
お気に入りです。だってデザインは私(笑)というか原案は私。

ホームセンターで売っていた木製のフックを無垢の板に穴をあけて捻じ込んで塗装してもらいました。
何気なくてシェーカー風にシンプルで気に入っています。

c0062685_1147972.jpg


下のベンチもです☆
こちらは制作&デザインすべて夫です。
丁寧な仕事です。塗装も一度塗ってはサンドペーパーでやすり、また塗装し・・すべすべです。

木材は縁あって入手した元々はオランダの電車の床材だったという木でして、この木のもつ風合いもハンドメイド感を薄めているのかもしれません。

下には私のブーツがずらーーっと・・・(笑)
靴箱が小さくて入れられないんですよー。だからベンチで隠したかったのです。

c0062685_11465128.jpg


反対側はその小さな靴箱。
マンションをリノベーションしたのですが、そのとき玄関の隣の部屋の窓からの明かりを玄関にわけてもらうために一部壁を部屋に入り込ませて玄関窓をもうけました。

これはとても良い方法でした。自然光があるのとないのとでは全然気分がちがいます。
この小窓の奥は隣の部屋のアルミサッシュです。

靴箱の扉は・・・結局10年つけないまま・・・。(笑)


c0062685_11521878.jpg



このブログの最初のほうはまだ工事しながら住んでいました。
そんな時期が3年近く続いたかな・・。

なかなか靴箱の扉まで手がまわらず、とりあえずの帆布の目隠しがそのままで10年。
風通しはいいのでまあこれもありかな・・・。
[PR]
by tougei-mutsuki | 2013-06-25 23:40 | 暮らしのこと
c0062685_10542379.jpg


黄色い鳥器店のちえさんから宅急便。

まえにこちらで買って愛用していたバッグを掛けて店に遊びに行ったときに、制作者の相原暦さんがそれを見て「マグネットのボタンつけてあげましょうか?」と言ってくださって、預けてつけてもらったのになかなか引き取りに行かれず・・・とうとう宅急便で送ってくれたのでした。



c0062685_10544970.jpg


件のバッグとはこれ・・。
画家の加藤ゆめこさんが絵を描きそれを相原暦さんがプリントしバッグに仕立てたものです。

絵も素敵ですけど、バッグも丁寧な作りで中の生地の使い方も上手・・・。

マグネット式のパッチンをつけてくれてとっても便利になりました。
やっぱり中に入れたものが見えないほうがスマートですしね。



c0062685_10545364.jpg


一番上の画像はバッグと一緒に送ってくれたクッキー。
これは相原暦さんと妹さんの結さんが作られたクッキーだそうです。

なんて可愛いの!暦さんと結さんについてはこちら


c0062685_1057312.jpg


「え!!かわいい!なにこれ?クッキー?たべる!!」
惜しげもなくバクバクと・・・

c0062685_1058181.jpg


「ちょーーーーうまい!」

c0062685_105827100.jpg


とのことでした〜。ちえちゃん暦さんありがとう!
[PR]
by tougei-mutsuki | 2013-06-24 11:42 | 暮らしのこと
c0062685_10473715.jpg


ムシムシと暑くなってきました。

なんだか湿度のせいかカラダが重くて・・・

朝いつものように「保育園だよー、起きなさーい!」と息子を起こしてもなかなか起きない。

子供もつかれてるのかな?

「きょうは保育園おやすみしたいー・・・だってくちびる切れちゃったし・・ねーおねがい」
なんだそれ?って理由ですけど、やすみたいのね。
(くちびるはちょこっと皮がむけて血がにじんだだけ)

まあたまにはいいかと休んでしまった月曜日。
私は土曜日仕事なのでいつも水曜日にかわりに休みをとるので、そのかわりにしよう。


プラムがすっぱかったのでコンポートにしてみました。
ソースがきれい


c0062685_10481883.jpg


炭酸水で割ってみた。

サンペレは先日楽天で大量購入☆
1本65円くらい。
[PR]
by tougei-mutsuki | 2013-06-18 11:03 | 暮らしのこと
c0062685_115313.jpg


紫陽花の季節・・・雨のきせつ・・・
なぜかこの季節にいつも保育園の遠足があります。なんでだろー


遠足のお弁当は人生二度目のキャラ弁で☆

保育園は幼稚園とちがってお弁当ではなく給食なので働く母はとっても助かってます。
だからたまのお弁当は張り切る!

で、ピカチュウですが・・・

c0062685_115484.jpg


なんかどうかな?初めてのキャラ弁ドラえもんの時も???な感じだったけど
またやっちゃったかな。本物と比べるとだいぶしもぶくれみたいです。あはは

ピカチュウの黄色をだすのにはのりたまのフリカケを茶こしで漉すという技で・・・。



でも結局雨ふりで、遠足は中止ーーー。保育園のホールでお弁当ひろげたそうです。
[PR]
by tougei-mutsuki | 2013-06-18 10:04 | 暮らしのこと
酸化焼成の窯の生徒さんの作品をアップします。
今回は装飾を施した作品を中心にアップしますね。


真ん中だけ釉薬をかけ残して細くラインにした板皿。O山さんの作品。
フラットな板皿がクールでいい感じです。
細くて小さいのはカトラリーレスト。こちらも使いやすそう!

c0062685_20553572.jpg




左:スープ皿になりそうな器と花小鉢。たたら作りで・・M山さんの作品。
器の中と外を色を変える、掛け分けの技法です。濃い色の釉薬も内側を白くすればさわやかになります。

右:T中さんの作品。
たたら作りの丸皿を真ん中で釉薬を掛け分けました。
丸いお皿などの場合釉薬をかける段階で「装飾をどうしよう・・・」と悩む事があります。絵付けをするのはちょっと・・というときに掛け分けは便利な方法です。

c0062685_20555061.jpgc0062685_2056335.jpg


左:Y成さんの蓋もの作品。
手びねりです。蓋に下絵の具で点描を。
なんだかとっても可愛いですよね。可愛い包み紙のキャンディーか何か入っていそう!乙女な感じです。

右:Mさんの作品。
いつもいろんな技法に挑戦しているMさん。今回は蓋ものでバターケースだそうです。蓋には撥水材で素地を白く残してブルーの釉薬を掛けています。


c0062685_205626100.jpgc0062685_20571078.jpg


左:板状にした粘土を筒に巻き付けて作ったマグに、一回り小さい茶こしをセットに・・・。
N田さんのお茶セットです。こんな風に自分流というか自分の欲しいものを考えて作ることが、手作りの醍醐味だなと思います。

右:同じくN田さんの作品でこれは貯金箱です。貯金箱が欲しい・・・という所から始まって、新聞を丸めて外側に粘土を巻き付けていって・・そのうちたまたまフクロウになりました(笑)
縁起もいいしお金がたまるといいですね〜〜



c0062685_2057031.jpgc0062685_20573910.jpg


左:またまたN田さんの作品で花器です。
手捻りでつくって削ってからうすい粘土を貼って花模様に・・
これまた乙女な感じですが、N田さんは男性でーす(笑)

右:S石さんの飯茶碗。
ふんわりした可愛い形です。釉薬をただ掛けるだけでなく撥水剤で細くラインを描き素地を見せました。それだけでシンプルなのにちょっと可愛くなりましたね。



c0062685_20573354.jpgc0062685_20575331.jpg




ここからはi-phoneでの撮影になります。ちょっと奥行き感がないですね


左:同じように撥水剤で釉抜きしたO川さんの作品。
テキスタイルのデザインのお仕事をしている彼女だけに、模様に対して躊躇がなくささっと描いていました。初めての作品とは思えない出来ですね〜

右:O作ちゃんのちいさなカップ。模様はイッチンというスポイトのようなもので泥状にした粘土をしぼりだして描いています。白い生地に白い模様で白い釉薬を・・・
小花模様がガーリーですね〜



c0062685_2101358.jpgc0062685_20594744.jpg


左:同じくO川さんの作品でカップアンドソーサー。
2回目の作品なのにこのクオリティーはご本人も大喜びでした!カップは手びねりで、ソーサーは板にした粘土を型に当てて成形。華奢な取っ手が繊細な印象で素敵です。カップとソーサーの縁には弁柄というした絵の具を巻きアクセントに。それだけでおしゃれ度があがります。

右:O作ちゃんの可愛いちいさな家
お家は屋根だけ釉薬をかけてあとは焼き〆。全部かけなくて成功ですね。素朴な感じになりました。
木はトルコブルーを掛けていますがうすがけなのか渋くて感じでいいですね。
食器ばかりでなくこういう小物も楽しいです。



c0062685_20584645.jpgc0062685_210444.jpg



次は今月末にまた酸化焼成の予定です。
[PR]